意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「花を持たせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「花を持たせる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「花を持たせる」という言葉を使った例文や、「花を持たせる」の類語を紹介して行きます。

花を持たせる

Meaning-Book
「花を持たせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「花を持たせる」とは?意味
  • 「花を持たせる」の表現の使い方
  • 「花を持たせる」を使った例文や短文など
  • 「花を持たせる」の類語や類義語・言い換え


「花を持たせる」とは?意味

「花を持たせる」には、「人に名誉を譲る」という意味があります。

また「その人を立てて、功を譲る」という意味があります。

  • 「花を持たせる」の読み方

「花を持たせる」の読み方

「花を持たせる」の読み方は、「はなをもたせる」になります。



「花を持たせる」の表現の使い方

「花を持たせる」の表現の使い方を紹介します。

「花を持たせる」には、「相手がスポットを浴びるように名誉を譲る」「相手の立場を考慮し立ててあげて、功績を譲る」という意味があります。

そこで、誰かに名誉や功を譲っている様子を見た時、「花を持たせる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ゲームをしている時、本当は勝てるのに、相手に勝たせて名誉を譲ってあげることがあるかもしれません。

このような時、「わざと負けて、相手に花を持たせる」などと、「花を持たせる」を使った文章が作れます。

「花を持たせる」を使った例文や短文など

「花を持たせる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「花を持たせる」を使った例文1
  • 「花を持たせる」を使った例文2

「花を持たせる」を使った例文1

「小さな子供と相撲を取り、『花を持たせて』負けてあげた」

この例文は、小さな子供と相撲を取った時に、相手に名誉を譲るつもりで、負けてあげたという文章になります。

このように他人に名誉を譲ることを「花を持たせる」と言います。

相撲やゲームをする時、ほとんどの大人は、小さな子供に「花を持たせて」負けてあげるかもしれません。

「花を持たせる」を使った例文2

「プレゼンでスピーチする役を後輩に譲り、『花を持たせる』ことにした」

この例文は、プレゼンの花形である、スピーチ役を後輩に譲った先輩についての文章になります。

本来は、プレゼンの準備を主にしたであろう先輩がスピーチすべきですが、後輩に名誉を譲るため、スピーチ役を譲ったようです。



「花を持たせる」の類語や類義語・言い換え

「花を持たせる」の類語や類似を紹介します。

  • 「栄誉を譲る」【えいよをゆずる】
  • 「高く置く」【たかくおく】

「栄誉を譲る」【えいよをゆずる】

「栄誉を譲る」には、「相手が目立つように栄誉を、相手に譲る」という意味があります。

「この研究の栄誉は、○○教授に譲る」などという使い方をします。

「高く置く」【たかくおく】

「高く置く」には、「その人を立てる」「相手の立場を高くする」「相手を尊重する」という意味があります。

「世話になった先輩を、高く置く」という言葉には、「世話になった先輩の立場を高くするようにする」という意味があります。

icon まとめ

「花を持たせる」という言葉について見てきました。

人に名誉を譲る様子を見た時、また人を立てて、功を譲る人を見た時に、「花を持たせる」という言葉を使ってみましょう。