意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一定量」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一定量」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一定量」という言葉を使った例文や、「一定量」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「一定量」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一定量」とは?意味
  • 「一定量」の表現の使い方
  • 「一定量」を使った例文や短文など
  • 「一定量」の類語や類義語・言い換え


「一定量」とは?意味

「一定量」には、「決められただけの分量」「一定の分量」という意味があります。

  • 「一定量」の読み方

「一定量」の読み方

「一定量」の読み方は、「いっていりょう」になります。



「一定量」の表現の使い方

「一定量」の表現の使い方を紹介します。

「一定量」には、「決められただけの分量」「一定の分量」という意味があります。

例えば、仕事をする時に、上司から一定の分量の仕事を渡されるかもしれません。

その仕事を終えれば、その日の仕事が終わるという場合、「一定量の仕事を任された」「一定量の仕事を終えて、会社を出る」など、「一定量」という言葉を使った文章が作れます。

またラーメン店では、提供する麺の量が決められているかもしれません。

この場合は、「一定量の麺を使い、ラーメンを作る」などと、「一定量」という言葉を使えます。

「一定量」を使った例文や短文など

「一定量」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一定量」を使った例文1
  • 「一定量」を使った例文2

「一定量」を使った例文1

「どんなに頑張っても、『一定量』以上の仕事はできない」

この例文は、仕事に対してどれだけ気合を入れても、一定の分量以上の仕事はできないという意味があります。

仕事を始めたばかりの頃なら、こなせる量が毎日のように増えて行くかもしれません。

しかし、ある程度、仕事に慣れると、一日にこなせる分量の上限が決まってきます。

このような、一定の分量を、「一定量」と言います。

「一定量」を使った例文2

「RPGのプレー中、経験値が『一定量』たまると、レベルアップする」

この例文はロールプレイングゲームをしている途中、主人公の経験値が溜まって行きます。

そしてプログラムされた、決められた量の経験値が溜まると、レベルアップする仕組みになっています。

このように「一定量」には、「決められた量」という意味もあります。



「一定量」の類語や類義語・言い換え

「一定量」の類語や類似を紹介します。

  • 「ある程度」【あるていど】
  • 「定量」【ていりょう】

「ある程度」【あるていど】

「ある程度」には、「一定の程度」という意味があります。

「ある程度したら、仕事を終える」「ある程度、分かる」などという使い方をします。

「定量」【ていりょう】

「定量」には「一定の分量」「決められた分量」という意味があり、「一定量」とほとんど同じ意味のある言葉になります。

「一定量」との言い換えに使ってみましょう。

icon まとめ

「一定量」という言葉について見てきました。

決められただけの分量、一定の分量を、他の言葉に言い換える時、「一定量」という言葉を使ってみましょう。