意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「勿体無い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「勿体無い」は、2つの意味で使われる言葉です。

そして、1つの方の意味はこの言葉と共に海外でも有名です。

Meaning-Book
「勿体無い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「勿体無い」とは?
  • 「勿体無い」の表現の使い方
  • 「勿体無い」を使った例文と意味を解釈
  • 「勿体無い」の類語や類義語


「勿体無い」とは?

「勿体無い」の1つ目の意味は、何かを惜しむという気持ちです。

「まだ使えるのに勿体無い」といったように使われた時には、こちらの意味だと考えていいでしょう。

もう1つの意味は、遠慮の為の表現で、「自分にはそれは勿体無い」などと使った時がそちらの解釈だと考えてください。

  • 「勿体無い」の読み方
  • 「勿体無い」の成り立ち

「勿体無い」の読み方

「勿体無い」の読み方は、「もったいない」になります。

最初に紹介した方の意味のまま、海外でも“MOTTAINAI”とローマ字表記にして使われている言葉です。

その海外では、まだ使えるものに対して用いられる言葉で、「物を大切にしよう」という意味から使われています。

「勿体無い」の成り立ち

この言葉の「勿体」とは、元は仏教用語の「物体」です。

普通に「ぶったい」と読める通り、「物の形」という意味で使われ、そこから「勿体」と変化して、偉そうな態度という意味で用いられるようになりました。

その意味では、「勿体をつけるな」という使い方が有名で、意味は偉そうにするなとなります。

実際には偉そうというよりも、わざとはっきりと表現しないような人に対して使う表現ですが、「勿体無い」はこちらの意味からではなく、元の「物体」「物の形」という意味から、何かを惜しむこととして使われています。



「勿体無い」の表現の使い方

先に挙げたように、この「勿体無い」は何かを惜しむ様子、もしくは遠慮の表現として用いられます。

後者の意味で使われる時には、そうと言っているだけのことも多いと考えていいかも知れません。

そのまま何かを貰ったり、受けるのは失礼という理由からです。

「勿体無い」を使った例文と意味を解釈

「勿体無い」を使った例文と、その意味の解釈です。

2つの意味の両方で使っている例を挙げていきます。

  • 「勿体無い」を使った例文1
  • 「勿体無い」を使った例文2

「勿体無い」を使った例文1

「修理もせずに捨ててしまうのはさすがに勿体無いだろう」

捨ててしまうより、まずは修理をするのが先だろうと言っている使い方です。

基本的には正しい意見に見えますが、中には修理するよりも新しい物を購入した方が安上がり(且つ、新しい物になる)ということもある為、ケースバイケースだと言えるでしょう。

「勿体無い」を使った例文2

「そんな肩書きは私には勿体無いです」

役職などの肩書きを貰う際に、遠慮の意味から使っている例です。

しかし、そうとは言いながら、決して断っている訳でもないところがポイントです。



「勿体無い」の類語や類義語

「勿体無い」の類語や類義語を紹介します。

遠慮の意味でのみ使える類語になります。

  • 「恐れ多い」【おそれおおい】

「恐れ多い」【おそれおおい】

「自分には勿体無い」は、この言葉を使って「自分には恐れ多い」と言い換えることができます。

そして、本当に断っている訳ではないという点も「勿体無い」と同様のニュアンスになります。

icon まとめ

「勿体無い」は、このような2つの意味のある言葉だと覚えておきましょう。

海外では、惜しむ様子でのみ使っていると考えていいでしょう。