意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目玉商品」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目玉商品」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「目玉商品」という言葉を使った例文や、「目玉商品」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「目玉商品」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目玉商品」とは?意味
  • 「目玉商品」の表現の使い方
  • 「目玉商品」を使った例文や短文など
  • 「目玉商品」の類語や類義語・言い換え


「目玉商品」とは?意味

「目玉商品」には、「客寄せのために用意した、超特価品」という意味や、「売り込みの中心に据える物」という意味があります。

  • 「目玉商品」の読み方

「目玉商品」の読み方

「目玉商品」の読み方は、「めだましょうひん」になります。



「目玉商品」の表現の使い方

「目玉商品」の表現の使い方を紹介します。

「目玉商品」には、「客寄せのために特別に用意した、超特価品」という意味や、「商品の売り込みの中心に据える物」という意味があります。

そこで、スーパーやデパート、家電量販店などで、超特価品を見た時、また売り込みの中心に据えている商品を見た時に、「目玉商品」という言葉を使ってみましょう。

例えば、スーパーに行くと、「キャベツ1円」などという、とんでもない超特価品を目にすることがあるかもしれません。

このような商品を見た時、「今日はキャベツが目玉商品だ」などと、「目玉商品」を使って表現できます。

「目玉商品」を使った例文や短文など

「目玉商品」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目玉商品」を使った例文1
  • 「目玉商品」を使った例文2

「目玉商品」を使った例文1

「他のスーパーと差をつけるため、『目玉商品』を準備する」

この例文は、スーパーの責任者が、同じ地域の他のスーパーに差をつけるため、客寄せのための特価品を準備しようとしている文章になります。

人気の高い商品を、特価品にすれば、きっと「目玉商品」になり、行きたいと思う客が増えるのではないでしょうか。

このように、客寄せのための特価品を「目玉商品」と呼びます。

「目玉商品」を使った例文2

「スーパーを渡り歩き『目玉商品』を買い歩く」

この例文は、主婦などが、自分の家から通えるスーパーの特価品だけを選りすぐり購入する様子を文章にしたものです。

時間のある主婦ならチラシサイトなどを見て、「目玉商品」だけを買い集められるかもしれません。



「目玉商品」の類語や類義語・言い換え

「目玉商品」の類語や類似を紹介します。

  • 「一押し商品」【いちおししょうひん】
  • 「特売品」【とくばいひん】

「一押し商品」【いちおししょうひん】

「一押し商品」には、「店側や作り手が、最も推奨する商品」という意味があります。

「今日は梨が、このスーパーの一押し商品だ」などという使い方をします。

「特売品」【とくばいひん】

「特売品」には、「期間を限り、普段よりも特別に安い値段に設定した商品」という意味があります。

「特売品を探して、スーパーの中を走り回る」などという使い方をします。

icon まとめ

「目玉商品」という言葉について見てきました。

客寄せのために用意した、超特価品を目にした時、また売り込みの中心に据える物だと感じた時に、「目玉商品」という言葉を使ってみましょう。