意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特売品」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「特売品」という表現は「特売品のコーナーで購入したので、通常価格の半額で買えました」などの文章で使われますが、「特売品」にはどのような意味があるのでしょうか?

「特売品」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

特売品

Meaning-Book
「特売品」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「特売品」の意味
  • 「特売品」の表現の使い方
  • 「特売品」を使った例文と意味を解釈
  • 「特売品」の類語や類義語


「特売品」の意味

「特売品」という表現は、「セール期間(販売期間)を限定して、特別に安い価格で売っている商品」のことを意味しています。

「特売品」というのは、「一定の期間・条件などを設定した上で、特別に安いお得な値段で販売している商品」を意味している表現なのです。

  • 「特売品」の読み方

「特売品」の読み方

「特売品」の読み方は、「とくばいひん」になります。



「特売品」の表現の使い方

「特売品」の表現の使い方を紹介します。

「特売品」の表現の使い方は、「セール期間を限定して、特別に安い値段で販売しているお得な商品・品物」を指して使うという使い方になります。

例えば、「このコートは特売品でしたが、元々の定価は高いものなので品質やデザインはしっかりしています」といった文章で、「特売品」の表現を使えます。

「特売品」を使った例文と意味を解釈

「特売品」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「特売品」を使った例文1
  • 「特売品」を使った例文2

「特売品」を使った例文1

「来週の土曜日から、歳末セールで冬物衣料の特売品が売り場に出されるので、忘れずに買いに行かなければいけません」

この「特売品」を使った例文は、「特売品」という表現を、「歳末セールで冬物衣料の特別に安い値段の商品が売り場に出されるので」という意味を持つ文脈で使用しています。

「特売品」を使った例文2

「特売品だからといって商品の品質が悪いわけではないので、バーゲンには積極的に出かけています」

この「特売品」を使った例文は、「日時を限定して特別に安い価格で販売している商品だからといって品質が悪いわけではないので」という意味を持つ文章で、「特売品」という表現を使っています。



「特売品」の類語や類義語

「特売品」の類語や類義語を紹介します。

  • 「バーゲン品」【ばーげんひん】
  • 「廉売品」【れんばいひん】

「バーゲン品」【ばーげんひん】

「バーゲン品」という表現は、「期間を限定したバーゲン(安売り)で特別に安く売っている品物」のことを意味しています。

この意味合いから、「バーゲン品」という表現を、「セールの日時を決めて、特別に安い値段で売りに出している商品」を示す「特売品」の類語として解釈することができます。

「廉売品」【れんばいひん】

「廉売品」という言葉は、「何らかの理由・条件・期間などを設定した上で、特別に安い値段で売られている商品や品物」のことを意味しています。

その意味から、「期間を限定して特別に安い値段で売っている商品」を示す「特売品」の類義語として、「廉売品」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「特売品」の表現には、「日時や条件を設定した上で、特別な安売りの価格で販売している商品、セール品」などの意味があります。

「特売品」の類語・類義語として、「バーゲン品」「廉売品」などがあります。

「特売品」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。