意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「売り物レベル」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「売り物レベル」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「売り物レベル」という言葉を使った例文や、「売り物レベル」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「売り物レベル」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「売り物レベル」とは?意味
  • 「売り物レベル」の表現の使い方
  • 「売り物レベル」を使った例文や短文など
  • 「売り物レベル」の類語や類義語・言い換え


「売り物レベル」とは?意味

「売り物レベル」には、「売り物になるレベル」「販売してもいいレベル」という意味があります。

  • 「売り物レベル」の読み方

「売り物レベル」の読み方

「売り物レベル」の読み方は、「うりものれべる」になります。



「売り物レベル」の表現の使い方

「売り物レベル」の表現の使い方を紹介します。

「売り物レベル」には、「売り物になるレベル」「販売してもいいレベル」という意味があります。

そのため売ってはいないものの、売ってもいいと思えるようなレベルに達している物を見た時、「売り物レベル」という言葉を使ってみましょう。

例えば、友達に絵が上手な人がいる時、簡単なイラストを描いてもらっても、売ってもいいと思えるようなレベルに達しているかもしれません。

このような絵を「売り物レベルのイラストだ」などと「売り物レベル」という言葉を使って表現できます。

「売り物レベル」を使った例文や短文など

「売り物レベル」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「売り物レベル」を使った例文1
  • 「売り物レベル」を使った例文2

「売り物レベル」を使った例文1

「今回のファッション誌の付録は『売り物レベル』だ」

この例文のように、ファッション誌の付録の中には、商品として普通に販売してもいいレベルだと感じる物があります。

このように付録でなくて、商品として売れると感じる物を「売り物レベル」と言います。

実際にファッション誌ではなく、ふろく目当てて本を買う人もいるため、「売り物レベル」に達していると言えるかもしれません。

「売り物レベル」を使った例文2

「君の歌を『売り物レベル』にするためには、トレーニングが必要だ」

この例文は、歌手を目指している人についての文章になります。

この人の歌声を、商品として販売するためには、トレーニングが必要だという意味があります。

専門家から見れば、まだ「売り物レベル」には達していないと思われているのかもしれません。



「売り物レベル」の類語や類義語・言い換え

「売り物レベル」の類語や類似を紹介します。

  • 「プロ顔負け」【ぷろかおまけ】
  • 「ハイレベル」【はいれべる】

「プロ顔負け」【ぷろかおまけ】

「プロ顔負け」には、「その道の立ち人に匹敵する能力がある様子」という意味があります。

例えばゴルフがとてもうまく、プロテストに合格できそうなほどの時、「プロ顔負けのアマチュアゴルファー」などと言われます。

「ハイレベル」【はいれべる】

「ハイレベル」「高いレベル」「高い水準を満たしている物や人」という意味のあるカタカナ語になります。

「ハイレベルな作品」「ハイレベルな会話」などという使い方をします。

icon まとめ

「売り物レベル」という言葉について見てきました。

売り物になるレベルの物や技術を見た時、また販売してもいいレベルの物を見た時、「売り物レベル」という言葉を使ってみましょう。