意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「プロ顔負け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話やメディアなどで「プロ顔負け」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

プロ顔負け

Meaning-Book
「プロ顔負け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「プロ顔負け」の意味
  • 「プロ顔負け」の表現の使い方
  • 「プロ顔負け」を使った例文と意味を解釈
  • 「プロ顔負け」の類語や類義語


「プロ顔負け」の意味

「プロ顔負け」の意味は「プロでも驚くような素晴らしい技術や知識を持った人のこと」です。

何事でもプロになるには一定水準以上のレベルが必要です。

しかし全くの素人が、プロと同じレベルのことをやり遂げてしまった時に、周囲の人が称賛する時の表現です。

但し、実際には経験が足りずに一定のレベルが保てなかったり、精神面が鍛えられていなかったりと、その時の出来栄えに対してお世辞的な意味で使われることもあります。

  • 「プロ顔負け」の読み方
  • 「プロ顔負け」を分解して解釈

「プロ顔負け」の読み方

「プロ顔負け」の読み方は、「ぷろかおまけ」になります。

「顔負け」「がんまけ」ではなく「かおまけ」と読みます。

「プロ顔負け」を分解して解釈

「プロ顔負け」「プロ+顔負け」で成り立っています。

「プロ」とは「プロフェッショナル」の略語で、「あることを職業として生計を立てている人」という意味です。

学生やサラリーマンで、時間が空いた時にアルバイト代わりにしている人とは違います。

「顔負け」とは、「相手の能力に圧倒されて面目を失いそうな様子」という意味です。

素人の技がプロとほとんど差がない時に、プロの方がきまりが悪い表情をすることを「顔負け」と言うのです。

これらの言葉が組合わさり「プロの面目が失われそうな程の出来」という意味で使われています。



「プロ顔負け」の表現の使い方

「プロ顔負け」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • お世辞として使える

文法的な使い方

「プロ顔負け」は名詞であり、文末に使う時には助動詞を伴って「プロ顔負けだ・である」になります。

一般的に「プロ顔負けの〇〇」として使われることが多くなります。

お世辞として使える

社会人が「プロ顔負け」と使う場合、ほめ言葉の他にお世辞の意味があります。

少しレベルが高い人をほめて良い雰囲気にする時に使うこともあると覚えておきましょう。

「プロ顔負け」を使った例文と意味を解釈

「プロ顔負け」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「プロ顔負け」を使った例文1
  • 「プロ顔負け」を使った例文2

「プロ顔負け」を使った例文1

「まだ小学生なのに将棋の腕前がプロ顔負けだ」

小学生でプロの棋士に勝ってしまうこともあることを表しています。

「プロ顔負け」を使った例文2

「彼女は料理好きで、もはやプロ顔負けの腕前だ」

料理好きで色々と研究していて、シェフ並みに料理を作れることを表しています。



「プロ顔負け」の類語や類義語

「プロ顔負け」の類語や類義語を紹介します。

  • 「素人離れ」【しろうとばなれ】
  • 「玄人はだし」【くろうとはだし】

「素人離れ」【しろうとばなれ】

「専門家ではないのに、まるで専門家の様に知識や技術が優れていること」という意味です。

「玄人はだし」【くろうとはだし】

「専門家ではないのに、専門家が驚くほど技術や芸ごとが優れていること」という意味です。

「玄人(専門家)が驚いて靴もはかずにはだしで逃げ出すほどの素晴らしさ」というたとえからきています。

icon まとめ

「プロ顔負け」「プロでも驚くような素晴らしい技術や知識を持った人のこと」という意味です。

素人目では判断できない程素晴らしい能力がある人に使いましょう。