意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「度量」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「度量」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「度量」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「度量」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「度量」とは?意味
  • 「度量」の表現の使い方
  • 「度量」を使った例文と意味を解釈
  • 「度量」の類語や類義語


「度量」とは?意味

「度量」とは心の広がりのことで、人の言動を受け入れることができる性質のことを言います。

  • 「度量」の読み方

「度量」の読み方

「度量」の読み方は、「どりょう」になります。



「度量」の表現の使い方

「度量」の表現の使い方を紹介します。

「度量」とは人の持つ心の広がり、大きさのことを言います。

心が広く、他人に厳しいことを言ったりしない、そのような大らかさを持っているといったことになります。

つまり「度量がある」「度量が大きい」などは褒め言葉としても使えます。

しかし「度量が狭い」「度量が小さい」などは相手を批判したり、悪く言ったりする時に使いますし、いい意味ではありません。

使い方には注意が必要となります。

「度量」を使った例文と意味を解釈

「度量」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「度量」を使った例文1
  • 「度量」を使った例文2

「度量」を使った例文1

「あれだけ文句を言われたのに許してやるなんて、彼は度量が大きい人だね、僕なら無理だよ」

「度量が大きい」とは心の広がりがあり、器が大きい、人を受け入れることができるという意味になります。

「度量が大きい」とは褒め言葉としても使えるでしょう。

「度量」を使った例文2

「度量の狭いことを言わずにもっと大らかに相手を受け入れてあげたらどうなの?そんなことでは誰とも上手くいかなくなるよ」

「度量が狭い」とは、心が狭い、人の言動にとやかく言ったり、受け入れることができないという意味になります。

そのような意味ですから人の性質を表す言葉ではありますが、悪口、批判といったことになりますので、使う際は注意が必要でしょう。

面と向かって言うのは雰囲気が悪くなることは覚悟の上ということになります。



「度量」の類語や類義語

「度量」の類語や類義語を紹介します。

  • 「器」【うつわ】
  • 「人徳」【じんとく】

「器」【うつわ】

「器」とは人に対して使う場合は、才能、人格、人物の心などの大きさという意味になります。

「器が大きい」「人の上に立つ器だ」などは褒め言葉、いい意味合いとして使います。

一方で「器が小さい」「あのような器では出世などできない」という言い方は悪い意味となります。

日常的な会話などでも、人の才能、人格などを言い表す時によく使われる言い回しとなります。

「人徳」【じんとく】

「人徳」とはその人に備わっている能力、品性、人格のことを言います。

「彼は人徳があるから、協力者や支援者が助けるだろうし、すぐに復活できるだろう」「上司には人徳がないので、誰一人として部下は慕っていない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「度量」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。