意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪態を吐く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「悪態を吐く」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「悪態を吐く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪態を吐く」とは?意味
  • 「悪態を吐く」の表現の使い方
  • 「悪態を吐く」を使った例文と意味を解釈
  • 「悪態を吐く」の類語や類義語


「悪態を吐く」とは?意味

「悪態を吐く」の意味は「本人の前で、その人を口汚くののしること」です。

一般的に人の悪口は本人がいないところで言うものですが、目の前に本人がいる時にわざと悪口を言うことを言います。

単なる悪口ではなく、憎まれ口をきいたり汚い言葉で相手をののしるというニュアンスが含まれます。

  • 「悪態を吐く」の読み方
  • 「悪態を吐く」を分解して解釈

「悪態を吐く」の読み方

「悪態を吐く」の読み方は、「あくたいをつく」になります。

「あくたいをはく」と読み間違える人が多いのですが、「つく」と読みます。

「つく」だけ平仮名表記にすることも多くなります。

「悪態を吐く」を分解して解釈

「悪態を吐く」「悪態+を(じょし)+吐く」で成り立っています。

「悪態」とは「わざと相手にケンカを売る様なことを言うこと」という意味です。

「吐く」は、読み方により意味が違ってきます。

「はく」と読んだ場合は「胃や口の中のものを外に出す」「心に思ったことを言葉に出す」という意味です。

「つく」と読んだ場合は「悪いことを口に出して言う」という意味で、「悪態を吐く」はこちらの意味になります。

これらの言葉が組み合わさり「相手にケンカを売る様な悪いことを口に出して言う」という意味で使われています。



「悪態を吐く」の表現の使い方

「悪態を吐く」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「悪口を言う」との使分け

文法的な使い方

「悪態を吐く」は動詞を伴った表現なので、文章にそのまま使えます。

副詞として使う時には「悪態を吐いて」になり、受け身形として「悪態を吐かれた」としても使います。

「悪口を言う」との使分け

「悪態を吐く」と似た言葉に「悪口を言う」があります。

この2つの使い分けは、「本人が目の前にいるかいないか」「相手を怒らす様な汚い言葉を使っているか」になります。

「悪口を言う」は基本的に本人がいないところですることですが、中には本人の目の前で嫌味や悪口を言う人もいます。

「悪態を吐く」は、「口汚くののしったり、態度に出すこと」という意味も加わるのです。

「悪態を吐く」を使った例文と意味を解釈

「悪態を吐く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪態を吐く」を使った例文1
  • 「悪態を吐く」を使った例文2

「悪態を吐く」を使った例文1

「彼は自分よりも先に昇進した同僚に対して悪態を吐いた」

仕事で自分よりも早く昇進した同僚を妬み、上司や同僚を口汚く非難している様子を表しています。

「悪態を吐く」を使った例文2

「彼は自分のミスを指摘されて悪態を吐いた」

人から自分のミスを指摘されて逆上、相手に対して大声で聞こえる様に文句や悪口を言っている様子を表しています。



「悪態を吐く」の類語や類義語

「悪態を吐く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「罵倒する」【ばとうする】
  • 「悪し様に言う」【あしざまにいう】

「罵倒する」【ばとうする】

「相手を口汚くののしること」という意味です。

「悪し様に言う」【あしざまにいう】

「相手をいかにも悪者の様に言い立てること」という意味です。

icon まとめ

「悪態を吐く」「本人の前で、その人を口汚くののしること」という意味です。

「そこまで言わなくても」と思う程の悪口を言う人に使いましょう。