意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目当て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目当て」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「目当て」という言葉を使った例文や、「目当て」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「目当て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目当て」とは?意味
  • 「目当て」の表現の使い方
  • 「目当て」を使った例文や短文など
  • 「目当て」の類語や類義語・言い換え


「目当て」とは?意味

「目当て」には、「目印や目標とするもの」という意味があります。

また「心の中で目指している物」という意味があります。

さらに「物事をする場合の、基準や見当」という意味があります。

  • 「目当て」の読み方

「目当て」の読み方

「目当て」の読み方は、「めあて」になります。



「目当て」の表現の使い方

「目当て」の表現の使い方を紹介します。

「目当て」には、「目印や目標とするもの」という意味があります。

例えば、道に迷った時、北極星を目標として歩くかもしれません。

このような時、「北極星を目当てにある」などと言います。

また「目当て」には、「心の中で目指している物」という意味があります。

例えば、バーゲンセールに行く時に、すでに心の中で目指して買いたい商品があるかもしれません。

この様子を、「バーゲンで目当ての商品を狙っている」などと言います。

さらに「物事をする場合の、基準や見当」という意味があります。

例えば、仕事を手伝ってくれる人の見当が付いた時、「手伝ってくれる人の目当てが付いた」などと、「目当て」を使って表現できます。

「目当て」を使った例文や短文など

「目当て」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目当て」を使った例文1
  • 「目当て」を使った例文2

「目当て」を使った例文1

「真っ暗闇の中、遠くに見える明かりを『目当て』に進んで行く」

この例文は暗闇の中歩いている人が、はるか遠くに見える明かりを目標にして歩いて行くという文章になります。

明りがある場所には、住居や街があるかもしれず、目標にして歩くのに、向いているかもしれません。

このように、目標とするものを「目当て」と言います。

「目当て」を使った例文2

「この殺人は、金『目当て』の犯行だ」

この例文は、殺人の狙いが、金銭だったという文章になります。

金銭狙いの犯行を「金目当ての犯行」などと言います。

恨みや復讐目的など、殺害理由はいくつもありますが、「金目当て」というケースも少なくないでしょう。



「目当て」の類語や類義語・言い換え

「目当て」の類語や類似を紹介します。

  • 「目標」【もくひょう】
  • 「狙い目」【ねらいめ】

「目標」【もくひょう】

「目標」には、「目的の所に行きつくように目印とするもの」という意味があります。

また「射撃や攻撃などの対象」「目標」と言います。

さらに「行動を進めるにあたって、実現達成を目指すべき水準」という意味もあります。

「狙い目」【ねらいめ】

「狙い目」には「ばくちの勝負で勝つ為に、狙うべき賽の目のこと」という意味があります。

また「これを選べば勝てると見当をつけた絶好のチャンスのこと」という意味があります。

「このレースは狙い目だ」などという使い方をします。

icon まとめ

「目当て」という言葉について見てきました。

目標とするものについて話す時、心の中で目指している物について話す時、さらに物事をする場合の、基準や見当について話す時、「目当て」という言葉を使ってみましょう。