意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「満ち足りる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「満ち足りる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「満ち足りる」という言葉を使った例文や、「満ち足りる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「満ち足りる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「満ち足りる」とは?意味
  • 「満ち足りる」の表現の使い方
  • 「満ち足りる」を使った例文や短文など
  • 「満ち足りる」の類語や類義語・言い換え


「満ち足りる」とは?意味

「満ち足りる」には、「十分に満足し気持ちが満たされること」という意味があります。

  • 「満ち足りる」の読み方

「満ち足りる」の読み方

「満ち足りる」の読み方は、「みちたりる」になります。



「満ち足りる」の表現の使い方

「満ち足りる」の表現の使い方を紹介します。

「満ち足りる」には、「十分に満足し気持ちが満たされること」という意味があります。

そのため、物事や行為などに対して、十分に満足していると感じた時、またそのように感じている人を見た時に、「満ち足りる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、自分の仕事に十分に満足している人は、「仕事に満ち足りている」と表現できます。

このように、何かに対して、十分に満足した様子の人を見た時、「満ち足りる」という言葉を使ってみましょう。

「満ち足りる」を使った例文や短文など

「満ち足りる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「満ち足りる」を使った例文1
  • 「満ち足りる」を使った例文2

「満ち足りる」を使った例文1

「今付き合っている彼氏が優しく、『満ち足りた』毎日を送っている」

この例文は、恋愛中の彼氏が優しく、十分に満足している女性についての文章になります。

このように、恋愛に対して十分に満足している様子を「満ち足りる」という言葉で表現できます。

「満ち足りた恋愛」「満ち足りた結婚生活」などと表現できます。

「満ち足りる」を使った例文2

「どれだけお金を稼いでも、『満ち足りる』ということがない」

この例文は、若くして成功し、たくさんのお金を手にした人かもしれません。

このようにたくさんお金を稼げば、経済的には十分満足できると、庶民的な感情では思いがちです。

しかし、お金持ちほど、どれだけお金を得ても、「満ち足りる」ということがなさそうです。

100億円資産を持てば、1000億円持ちたいと思うのが、お金持ちの考え方かもしれません。



「満ち足りる」の類語や類義語・言い換え

「満ち足りる」の類語や類似を紹介します。

  • 「心が休まる」【こころがやすまる】
  • 「落ち着く」【おちつく】

「心が休まる」【こころがやすまる】

「心が休まる」には、「心の状態などが、穏やかで落ち着くこと」という意味があります。

「友達がなぐさめてくれたため、心が休まる」「ゆったりした音楽を聞いて、心が休まる」などという使い方をします。

「落ち着く」【おちつく】

「落ち着く」には、「動揺が静まり、安定した状態になる」という意味があります。

「心が落ち着く」という言葉には、心の中の動揺が静まって、安定した状態になるという意味があります。

「世の中が落ち着く」「クラスの雰囲気が落ち着く」などという使い方をします。

icon まとめ

「満ち足りる」という言葉について見てきました。

誰かが十分に満足する様子を見た時、「満ち足りる」という言葉を使ってみましょう。