意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「的確に行う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「的確に行う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「的確に行う」という言葉を使った例文や、「的確に行う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「的確に行う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「的確に行う」とは?意味
  • 「的確に行う」の表現の使い方
  • 「的確に行う」を使った例文や短文など
  • 「的確に行う」の類語や類義語・言い換え


「的確に行う」とは?意味

「的確に行う」には、「極めて正確にすること」「重要な点を確実に捉えて、すること」という意味があります。

  • 「的確に行う」の読み方

「的確に行う」の読み方

「的確に行う」の読み方は、「てきかくにおこなう」になります。

「的確」「てきかく」「行う」「おこなう」と読みます。



「的確に行う」の表現の使い方

「的確に行う」の表現の使い方を紹介します。

「的確に行う」には、「極めて正確にすること」「重要な点を確実に捉えて、すること」という意味があります。

そのため、そのように行動する人を見た時、「的確に行う」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事の肝心な点を確実に捉えて、仕事を進めている人を見た時、「仕事を的確に行う」と表現できます。

このように、的や肝要な点を外さず、行動する人に対して、「的確に行う」という言葉を使ってみましょう。

「的確に行う」を使った例文や短文など

「的確に行う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「的確に行う」を使った例文1
  • 「的確に行う」を使った例文2

「的確に行う」を使った例文1

「明日の演技を『的確に行う』ために、しっかりと睡眠を取る」

この例文は、明日に舞台を控えている役者が、間違いのない演技をするため、しっかりと睡眠時間を確保しようとしている文章になります。

肝要な点を外さず、間違いのないように演技をするためには、集中力が必要になるためです。

しっかり睡眠を取れば、「演技を的確に行う」ことも可能でしょう。

「的確に行う」を使った例文2

「チェーン店の運営が『的確に行われている』か、社長が抜き打ちでチャックする」

この例文はたくさんのチェーン店を持つ社長の行動についての文章になります。

たくさんある店舗の中には、肝要な点を外した、適当な運営を始める店舗があるかもしれません。

そこで社長が抜き打ちで各店舗を訪れて、チェックすることになります。

運営が「的確に行われている」場合は高い評価を受けられるでしょう。



「的確に行う」の類語や類義語・言い換え

「的確に行う」の類語や類似を紹介します。

  • 「正しく進める」【ただしくすすめる】
  • 「厳格」【げんかく】

「正しく進める」【ただしくすすめる】

「正しく進める」には「物事を間違いのないよう、やり遂げること」という意味があります。

「マニュアル通り、正しく進める」という文章には、仕事をマニュアル通りに、間違いのないよう進めるという意味があります。

「厳格」【げんかく】

「厳格」には、「物事に対して非常に厳しくシビアなこと」という意味があります。

「ルールを守って、厳格にする」などと言う使い方をします。

icon まとめ

「的確に行う」という言葉について見てきました。

的を外さないで、間違いないようにする様子に対して、また肝要な点を確実に捉えて何かをする様子に対して、「的確に行う」という言葉を使ってみましょう。