意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「充満」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「充満」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「充満」という言葉を使った例文や、「充満」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「充満」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「充満」とは?意味
  • 「充満」の表現の使い方
  • 「充満」を使った例文や短文など
  • 「充満」の類語や類義語・言い換え


「充満」とは?意味

「充満」には、「一定の空間が、ある物で満杯になること」という意味があります。

また「満ち足りること」という意味があります。

  • 「充満」の読み方

「充満」の読み方

「充満」の読み方は、「じゅうまん」になります。



「充満」の表現の使い方

「充満」の表現の使い方を紹介します。

「充満」には、「一定の空間が、ある物で満杯になること」という意味があります。

そこで、何かが満ちている様子を見た時に、「充満」という言葉を使ってみましょう。

例えば、家で焼き肉を食べていると、部屋中に煙がいっぱい、満ちることがあるでしょう。

このような時、「部屋に煙が充満する」「充満」を使って表現できます。

このように、ある空間に、ある物が満ちていると感じる時、「充満」という言葉を使ってみましょう。

「充満」を使った例文や短文など

「充満」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「充満」を使った例文1
  • 「充満」を使った例文2

「充満」を使った例文1

「道を歩いていると、あるエリアに良いにおいが『充満』していて、振り向くと鰻屋があった」

この例文は、鰻屋から出た煙の臭いが、道全体に満ちているという文章になります。

良いにおいが「充満」していると、その出所を目で追ってしまいがちです。

そしてその出所に、鰻屋や焼き鳥屋などの飲食店があることが、多いのではないでしょうか。

「充満」を使った例文2

「会議中の部屋に、イライラした思いが『充満』する」

この例文は、難航した会議についての文章になります。

建設的な意見が出ず、相手を罵り合うような、嫌な雰囲気の会議が続くと、参加者のイライラした思いが、部屋の中にいっぱいに満ちてしまうでしょう。

比喩的な表現ではありますが、このように思いが煙のようにいっぱいに満ちているように感じる時、「充満」という言葉を使えます。



「充満」の類語や類義語・言い換え

「充満」の類語や類似を紹介します。

  • 「行き渡る」【いきわたる】
  • 「満杯」【まんぱい】

「行き渡る」【いきわたる】

「行き渡る」には「ある範囲にもれなく、隅々まで届く」という意味があります。

「パーティの参加者に、飲み物が行き渡る」という文章には、「パーティの参加者に、飲み物がもれなく届く」という意味があります。

「満杯」【まんぱい】

「満杯」には、「容器の中をある物で目いっぱいにすること」という意味があります。

例えば、冷蔵庫の中に食べ物がいっぱい入った時、「冷蔵庫が満杯だ」などといいます。

また「収容できる人員がいっぱいになる」という意味もあり、「スタジアムの客席が、満杯になる」などという使い方をします。

icon まとめ

「充満」という言葉について見てきました。

一定の空間に、物がいっぱいに満ちる様子を見た時、「充満」という言葉を使ってみましょう。