意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「散々な目に遭う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「散々な目に遭う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「散々な目に遭う」という言葉を使った例文や、「散々な目に遭う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「散々な目に遭う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「散々な目に遭う」とは?意味
  • 「散々な目に遭う」の表現の使い方
  • 「散々な目に遭う」を使った例文や短文など
  • 「散々な目に遭う」の類語や類義語・言い換え


「散々な目に遭う」とは?意味

「散々な目に遭う」には、「思いがけない不幸に遭遇し、辛く酷い目に遭う」という意味があります。

  • 「散々な目に遭う」の読み方

「散々な目に遭う」の読み方

「散々な目に遭う」の読み方は、「さんざんなめにあう」になります。

「散々」「さんざん」「目に遭う」には「めにあう」と読みます。



「散々な目に遭う」の表現の使い方

「散々な目に遭う」の表現の使い方を紹介します。

「散々な目に遭う」には、「思いがけない不幸に遭遇し、辛く酷い目に遭う」という意味があります。

そのため、そのような出来事に見舞われた時、また見舞われている人を見た時、「散々な目に遭う」という言葉を使ってみましょう。

例えば、散歩中に犬にかまれるという出来事は、辛い出来事に見舞われたと言えるでしょう。

そのため、「散歩中に、犬にかまれるという、散々な目に遭う」などと、「散々な目に遭う」という言葉を使って表現できます。

「散々な目に遭う」を使った例文や短文など

「散々な目に遭う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「散々な目に遭う」を使った例文1
  • 「散々な目に遭う」を使った例文2

「散々な目に遭う」を使った例文1

「傘を持たずに歩いていたら、ゲリラ豪雨と遭遇し、『散々な目に遭った』」

傘を差さずに出かけた先で、ゲリラ豪雨に降られたら、かなり辛い状況になります。

全身がずぶぬれになり、髪型もめちゃくちゃになってしまうでしょう。

このような辛い出来事に見舞われた時、「散々な目に遭う」という言葉を使ってみましょう。

「散々な目に遭う」を使った例文2

「『散々な目に遭う』のが嫌で、合コンには参加しない」

この例文に登場する人は、容姿に自信がないタイプかもしれません。

合コンに参加しても、無視されたり、冷たく当たられるなどして、辛い目に遭うと考えているようです。

このように、恋愛の場面で辛い目に遭うことも、「散々な目に遭う」という言葉で表現できます。



「散々な目に遭う」の類語や類義語・言い換え

「散々な目に遭う」の類語や類似を紹介します。

  • 「災難に見舞われる」【さいなんにみまわれる】
  • 「踏んだり蹴ったり」【ふんだりけったり】

「災難に見舞われる」【さいなんにみまわれる】

「災難に見舞われる」には、「不幸に見舞われ辛い目に遭う」という意味があります。

また「災害による被害を受けること」という意味もあります。

「踏んだり蹴ったり」【ふんだりけったり】

「踏んだり蹴ったり」には、「不運が重なり、続けざまにひどい目に合うこと」という意味があります。

「彼女に降られたと思ったら、会社をクビになるとは、踏んだり蹴ったりだ」という使い方をします。

icon まとめ

「散々な目に遭う」という言葉について見てきました。

誰かがどこかで、辛い目に遭っている様子を見た時、苦しい出来事に見舞われている様子を見た時、「散々な目に遭う」という言葉を使ってみましょう。