意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「話術」とは?意味や使い方!例文や解釈

「話術」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「話術」という言葉を使った例文や、「話術」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「話術」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「話術」とは?
  • 「話術」の表現の使い方
  • 「話術」を使った言葉と意味を解釈
  • 「話術」を使った例文や短文など
  • 「話術」の反対語
  • 「話術」の類語や類義語・言い換え
  • 「話術」の英語と解釈


「話術」とは?

「話術」には「巧みに話す技術」という意味があります。

  • 「話術」の読み方

「話術」の読み方

「話術」の読み方は、「わじゅつ」になります。



「話術」の表現の使い方

「話術」の表現の使い方を紹介します。

「話術」には、「巧みに話す技術」という意味があります。

そのため、巧みに話す技術について話す時、「話術」という言葉を使ってみましょう。

例えば、現在より、巧みに話す技術を磨きたいと思った時、「話術を磨きたい」などと、「話術」という言葉を使って表現できます。

また誰かの話す技術を、巧みだと感じた時、「○○さんは話術が達者だ」などといいます。

このように、巧みに話す技術について話す時、また誰かが巧みに話しているのを聞いた時、「話術」という言葉を使ってみましょう。

「話術」を使った言葉と意味を解釈

「話術」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「話術に長ける」【わじゅつにたける】
  • 「話術を駆使する」【わじゅつをくしする】
  • 「話術の名人」【わじゅつのめいじん】
  • 「話術を活かす」【わじゅつをいかす】

「話術に長ける」【わじゅつにたける】

「話術に長ける」には、「話術の才能が十分に備わっていること」という意味があります。

また「話す様子が非常に流暢な様子」という意味があります。

話すのを得意な人を見た時に、「話術に長ける」という言葉を使ってみましょう。

例えば、挨拶が得意な同僚に対して、「彼は話術に長けているため、挨拶役を任せよう」などと「話術に長ける」という言葉を使えます。

「話術を駆使する」【わじゅつをくしする】

「話術を駆使する」には、「話術を自由自在に使いこなすこと」という意味があります。

「話術を駆使して、彼女を口説こうとする男性」という言葉には、巧みに話す技術を、自由自在に使いこなして、女性を口説こうとする男性という意味があります。

みなさんの周囲にも、このようなタイプの男性がいるかもしれません。

「話術の名人」【わじゅつのめいじん】

「話術の名人」という言葉には、「話術が優れていて、評判の高い人」という意味があります。

例えば、会社でいちばん、巧みに話すすべを持っていると、他の社員から高い評判を受けていて、一目置かれているような人は、「話術の名人」と言えます。

「話術を活かす」【わじゅつをいかす】

「話術を活かす」には、「話術を活用して、何かをする」という意味があります。

例えば、巧みに話せる技術を活用して、お笑い芸人になろうと思った場合は、「話術を活かして、お笑い芸人になる」などといいます。

他にも司会者やアナウンサー、営業マンなどは、「話術を活かせる」仕事かもしれません。



「話術」を使った例文や短文など

「話術」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「話術」を使った例文1
  • 「話術」を使った例文2

「話術」を使った例文1

「これだけの『話術』の持ち主なら、獲得契約数が多いのも当然だ」

この例文は営業マンについての文章になります。

この例文のように、営業には巧みに話す技術が重要になるため、「話術」を活かせるタイプの人なら、契約獲得数も多くなるかもしれません。

もちろん口先だけではなく、誠実な人間性や、人並み以上の体力や根性が、営業マンには必要かもしれません。

「話術」を使った例文2

「彼はイケメンなだけでなく、『話術』も巧みな、モテる男性だ」

この例文は、イケメンである上、巧みに話せる、かなりモテる条件を満たした男性になります。

普通はあまり容姿に自信がない男性が、自慢のトーク力を発揮して、女性を口説こうとしますが、このように、天が二物を与えたような男性もいるのかもしれません。

イケメンなうえに「話術」も達者なら、ほとんどの女性を口説き落とせるかもしれません。

このように、巧みに話す技術を持っている人を見た時、「話術」という言葉を使ってみましょう。

「話術」の反対語

「話術」の反対語を紹介します。

  • 「無言」【むごん】
  • 「無口」【むくち】

「無言」【むごん】

「無言」には「物を言わないこと」という意味があります。

「無言電話」には、「電話を掛けてきたのに、一言も話さない人の電話」という意味があります。

「無口」【むくち】

「無口」には、「口数の少ないこと」「おしゃべりでないこと」という意味があります。

また「口数が少ない人のこと」「無口」と言います。

「彼は無口だ」「無口な男性がタイプ」などという使い方をします。

「話術」の類語や類義語・言い換え

「話術」の類語や類似を紹介します。

  • 「話法」【わほう】
  • 「言い方」【いいかた】
  • 「話し方」【はなしかた】

「話法」【わほう】

「話法」には、「話し方」という意味があります。

「独特の話法」という言葉には、「独特の話し方」という意味があります。

「言い方」【いいかた】

「言い方」には、「口のきき方」という意味があります。

「言い方が生意気だ」という言葉には、「口のきき方が生意気だ」という意味があります。

他にも「丁寧な言い方」「聞き取りやすい言い方」などという使い方をします。

「話し方」【はなしかた】

「話し方」には「話の仕方」という意味があります。

また「話す態度」という意味があります。

さらに「話をする技術」という意味もあります。

「素敵な話し方」には、「素敵な話の仕方」という意味があり、「話し方教室」には、「話をする技術を学ぶ、教室」という意味があります。

「話術」の英語と解釈

「話術」の英語を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「話術」を英語にすると、“the storyteller's art”になります。

また「話術の巧みな人」を英語にすると、“a good storyteller”になります。

このように「話術」関連の言葉を英語にする時は、“the storyteller's art”“a good storyteller”という英語を使ってみましょう。

icon まとめ

「話術」という言葉について、見てきました。

誰かが巧みに話す様子を見せた時、また巧みに話す技術について、誰かと話す時、「話術」という言葉を使ってみましょう。