意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「和む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「和む」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「和む」という言葉の理解を深めていきましょう。

和む

Meaning-Book
「和む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「和む」とは?意味
  • 「和む」の表現の使い方
  • 「和む」を使った例文と意味を解釈
  • 「和む」の類語や類義語


「和む」とは?意味

「和む」とは気持ちが穏やかになる、和やかになるという意味がある言葉です。

  • 「和む」の読み方

「和む」の読み方

「和む」の読み方は、「なごむ」になります。



「和む」の表現の使い方

「和む」の表現の使い方を紹介します。

「和む」とは動詞で気持ちが穏やかになる、和やかになるという意味があります。

「彼の優しい笑顔に私の心は和む」「彼女といると和むなあ、和み系って感じだね」などと使います。

「和む」を使った例文と意味を解釈

「和む」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「和む」を使った例文1
  • 「和む」を使った例文2

「和む」を使った例文1

「和み系の彼女と一緒に過ごすと、私の心も和む」

「和み系」とは人を和ませる効果、雰囲気を持っているもの、人の総称として使われる言葉です。

「和み系カフェ」「和み系キャラ」などと使います。

そのような「和み系」の人と一緒にいるとその雰囲気に自分の心も「和む」と例文は言い表しているのです。

「和む」を使った例文2

「花とか綺麗な景色を見ていると、本当に和むよね」

花や、綺麗な景色を見ていると心が落ち着いたり、和やかになることを「和む」と言います。



「和む」の類語や類義語

「和む」の類語や類義語を紹介します。

  • 「癒される」【いやされる】
  • 「ほのぼのとする」【ほのぼのとする】
  • 「気持ちがくつろぐ」【きもちがくつろぐ】
  • 「ほんわかする」【ほんわかする】

「癒される」【いやされる】

「癒される」とは悲しみや苦痛がなくなるという意味があります。

また人を癒すような雰囲気を持っていることを「癒し系」とも言います。

「猫と一緒に過ごしているとすごく癒されるよね」「今すぐは無理でも時間が経つことで癒されるよ」「自然豊かなところへ来ると癒される」などと使います。

「ほのぼのとする」【ほのぼのとする】

「ほのぼのとする」「ほのぼの」とは副詞なのですが、ほのかに明るいさま、心がほのかに温まるようなこと、ほんのりという意味があります。

つまり「ほのぼのする」とは心がほのかに温まるということになります。

「あの子といると何だかほのぼのとするなあ」「この漫画はほのぼのとするから好き」などと使います。

「気持ちがくつろぐ」【きもちがくつろぐ】

「気持ちがくつろぐ」とは心がゆったりとした気分になる、休まる、余裕ができるといった意味になります。

「温泉に入ると気持ちがくつろぐ」「休みの日は気持ちがくつろぐ」「気持ちがくつろぐような音楽を聴きたいね」などと使います。

「ほんわかする」【ほんわかする】

「ほんわかする」「ほんわか」とは副詞で、温かみがあり、和やかなさまという意味になります。

つまり「ほんわかする」とは温かみがある、和やかな様子であるという意味なのです。

「彼女の歌声はほんわかするね」「この絵本を見るとほんわかするから寝る前におすすめ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「和む」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。