意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出回る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出回る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出回る」という言葉を使った例文や、「出回る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「出回る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出回る」とは?意味
  • 「出回る」の表現の使い方
  • 「出回る」を使った例文や短文など
  • 「出回る」の類語や類義語・言い換え


「出回る」とは?意味

「出回る」には、「商品が生産地から市場に大量に出る」という意味があります。

また「商品をあらゆる所で見られるようになる」という意味があります。

  • 「出回る」の読み方

「出回る」の読み方

「出回る」の読み方は、「でまわる」になります。



「出回る」の表現の使い方

「出回る」の表現の使い方を紹介します。

「出回る」には、「商品が生産地から市場に大量に出る」「商品をあらゆる所で見られるようになる」という意味があります。

そのため、ある商品を良く見かけるようになった時、「出回る」という言葉を使ってみましょう。

例えば旬のフルーツは、スーパーのあちこちで販売され、よく見られるようになります。

そこで「夏になるとスイカが出回る」などと「出回る」という言葉を使ってみましょう。

「出回る」を使った例文や短文など

「出回る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「出回る」を使った例文1
  • 「出回る」を使った例文2

「出回る」を使った例文1

「一時は品切れになったお菓子が、最近、『出回る』ようになってきた」

この例文は、非常にヒットしたお菓子が一時的に品切れになり、その後、生産が追い付いて、スーパーなどに大量に出たという文章になります。

テレビなどで紹介され、爆発的にヒットするお菓子は、このように品切れになることがあります。

しかし、メーカー側も対応し、生産ラインを増やすため、いつかは「出回る」ようになるでしょう。

「出回る」を使った例文2

「SNS上で、酷い動画が『出回っている』」

この例文には、SNS上やネット上で、見るに堪えないような酷い動画を良く見かけるという意味があります。

SNSやネットは動画拡散する速度が速いため、あっという間に酷い動画が「出回る」ことになります。

このように画像や動画がネット上などに大量に出る様子を「出回る」と表現できます。



「出回る」の類語や類義語・言い換え

「出回る」の類語や類似を紹介します。

  • 「氾濫」【はんらん】
  • 「溢れる」【あふれる】

「氾濫」【はんらん】

「氾濫」には、「河川の水が堤防から溢れ出ること」や、「物事が当たりいっぱいに出回ること」「あまり好ましくない状態」という意味があります。

「豪雨のため、川が氾濫する」という言葉には、豪雨のため川が増水し、勢いよく流れるという意味があります。

「溢れる」【あふれる】

「溢れる」には「水などの液体がいっぱいになって外にこぼれる」「人や物が入りきらずにはみだす」「気力・才気・感情などがいっぱいに満ちている」という意味があります。

「コップから水が溢れる」には「コップの中の水がいっぱいになって、外にこぼれる」という意味があります。

icon まとめ

「出回る」という言葉について見てきました。

商品が市場に大量に出る様子を見た時、ある商品をあちこちで見られるようになった時、「出回る」という言葉を使ってみましょう。