意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「つまずく」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「つまずく」という言葉を耳にしたことが、何度もあるかと思います。

この言葉は、日常生活の中だけでなく、ビジネスシーンでも使われている身近な言葉の1つです。

ただ平易な言葉だけに詳しく意味を調べ直すことも少ないので、ここで改めて「つまずく」について見ていくことにします。

Meaning-Book
「つまずく」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「つまずく」とは?意味
  • 「つまずく」の表現の使い方
  • 「つまずく」を使った例文と意味を解釈
  • 「つまずく」の類語や類義語


「つまずく」とは?意味

「つまずく」とは「歩く時に足の先を物にぶつけたり打ち当たることで、前へよろけること」という意味がある言葉ですが、「中途で障害にあって失敗する」「挫折する」という意味でも理解できます。



「つまずく」の表現の使い方

「何かにぶつかり前に倒れる」と意味の「つまずく」では、「大きな石につまずいて転んでしまう」というような使い方になりますが、「挫折する」という意味では「事業に失敗してつまずく」というような使い方になります。

「つまずく」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「つまずく」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンを見ていくことにしましょう。

  • 「つまずく」を使った例文1
  • 「つまずく」を使った例文2

「つまずく」を使った例文1

「うちの課長は、色々なことを経験してきた人なので、何事をしてもつまずくようなことはない強い人です」

人生で苦しいことや辛いことがあった時にそれを乗り越えて、段々と強くなっていくものです。

この例文に出てくる課長も多くの経験を持っているので、どのようなことでも「つまずく」ことがないのです。

「つまずく」を使った例文2

「足元に気をつけないと、展示物につまずいて怪我をするぞ」

どのようなシチュエーションなのでしょうか。

もしかすると、展示会前の準備で展示物を搬入している所なのかもしれません。

落ち着いて行動しなくてはならないのに、バタバタと慌ただしい雰囲気の中で動きているので、他の展示物につまずきそうな環境のようです。



「つまずく」の類語や類義語

「つまずく」を他の言葉で、言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「踏み外す」【ふみはずす】
  • 「足がもつれる」【あしがもつれる】

「踏み外す」【ふみはずす】

「踏み外す」が、「つまずく」の類義語の1つとして扱うことができます。

「人の道から外れてしまうこと」という意味になります。

また、「階段から踏み外して怪我をする」というような使い方もできます。

「足がもつれる」【あしがもつれる】

「足がもつれる」という言葉もありますが、「両足が絡まって転倒すること」という意味で使われています。

この言葉の場合、「つまずく」「障害物にぶつかる」わけではなく、自らの足のもつれて倒れるということが、少し異なる点です。

icon まとめ

私達が「つまずく」という言葉を使う場合は、「人生において障害にあって挫折する」という意味合いで使うことが多いでしょう。

それだけに日頃の活動の中で、大きく「つまずく」ようなことがあれば、何もかもがめちゃくちゃに感じてしまうものです。

しかし、そのような時こそ、しっかりとモチベーションをキープすることが大切になってきます。