意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一案」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一案」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「一案」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「一案」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一案」とは?意味
  • 「一案」の表現の使い方
  • 「一案」を使った例文と意味を解釈
  • 「一案」の類語や類義語


「一案」とは?意味

「一案」というのは「多くの中の1つの考え」「他とは別のもう一つの考え」という意味になります。

1つの案という意味であり、例えば「単なる一案ですが」のように使えます。

例えば、自分の上司が何かで悩んでいる時など、もしかしたら良い案が浮かぶこともあるでしょう。

相手は上司ですから、少し控えめに「思いついた一案ですが」のように提案できます。

  • 「一案」の読み方

「一案」の読み方

「一案」の読み方は、「いちあん」になります。

ビジネスでも使える表現ですので、よく知っておきましょう。



「一案」の表現の使い方

「一案」の表現の使い方を紹介します。

「一案」というのは多くの中の1つの考えという意味です。

例えば、会議等では様々な意見を聞きます。

そんな時、誰かが良い意見をいうこともあるでしょう。

そのような場合に「それはぜひ考慮したい一案ですね」などということもあるのではないでしょうか。

その案はぜひ採用する方向で検討したい、それはぜひ覚えておきたい、などという時に「それはぜひ検討したい一案ですね」のように使えます。

「一案」を使った例文と意味を解釈

「一案」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一案」を使った例文1
  • 「一案」を使った例文2

「一案」を使った例文1

「当時は単なる一案だと思ったのですが、その後検討されることになりました」

会議でその意見が出たときには、ただの多くの意見の1つ、と思われることもあるかもしれません。

しかし、単なる一案だったとしても、その後検討され、採用されることなどもあるかもしれません。

意見が出された段階では大したことがないと思ったとしても、徐々にその意見の有用性が認められることもあるかもしれません。

単なる一案だったとしても、後から認めてもらえるかもしれませんよ。

「一案」を使った例文2

「それはとても良い一案かと思います」

話し合いをしているときに誰かが良い意見を言い、上司たちがそれに気づいていない時など、その案に賛成しているということを示すため、一案という表現が使われることもあるのではないでしょうか。

「それはとても良い一案かと存じます」などと言われることもあるでしょう。

たとえ相手が上司であっても、良い意見にはきちんと賛成の意思を示していきたいものです。



「一案」の類語や類義語

「一案」の類語や類義語を紹介します。

  • 「筋書き」【すじがき】
  • 「法案」【ほうあん】

「筋書き」【すじがき】

「筋書き」というのは話の大まかな流れを示したものや物語がどのように進行していくかということをまとめた台本、などという意味があります。

演劇や小説などで物語の流れを指す場合に手段や進め方を指す場合もあります。

「法案」【ほうあん】

「法案」というのは法律の案文として条文の形式に整えられた文章を指します。

特に法律として制定されることを求めて国会に提出されるものを指します。

icon まとめ

「一案」という表現はビジネスで多く使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

様々な意見が出せるようにしておきたいものです。