意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「隣接」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「隣接」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「隣接」という言葉を使った例文や、「隣接」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「隣接」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「隣接」とは?意味
  • 「隣接」の表現の使い方
  • 「隣接」を使った例文や短文など
  • 「隣接」の類語や類義語・言い換え


「隣接」とは?意味

「隣接」には、「非常に近くに隣り合って接近していること」という意味があります。

  • 「隣接」の読み方

「隣接」の読み方

「隣接」の読み方は、「りんせつ」になります。



「隣接」の表現の使い方

「隣接」の表現の使い方を紹介します。

「隣接」には「隣り合っていること」「非常に接近していること」という意味があります。

そのため、隣り合っている物や、非常に接近している物を見た時に、「隣接」という言葉を使ってみましょう。

例えば、茨城県と栃木県のように、隣り合っている都道府県を地図などで見た時、「茨城県と栃木県は隣接している」「隣接」という言葉を使えます。

「隣接」を使った例文や短文など

「隣接」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「隣接」を使った例文1
  • 「隣接」を使った例文2

「隣接」を使った例文1

「公園に『隣接』しているマンションは、雰囲気が良く住みやすい」

この例文には、公園と隣り合っているマンションは、周囲が静かで穏やかのため、雰囲気が良く住みやすいという意味があります。

子育て中の家族は、遊び場が近くにあるため、公園に「隣接」しているマンションは子育てがしやすいかもしれません。

このように、公園とマンション、森と別荘など、隣り合っている建物などに対して、「隣接」という言葉を使ってみましょう。

「隣接」を使った例文2

「歴史を振り返っても『隣接』する国同士は仲が悪い」

この例文には、これまでの歴史を見ると、隣り合っている国同士の中が悪い傾向にある、という意味があります。

「隣接」していると、争いが起こりやすく、利害関係が発生しやすいため、遠く離れた国同士よりも、仲が悪くなりやすいかもしれません。



「隣接」の類語や類義語・言い換え

「隣接」の類語や類似を紹介します。

  • 「密接」【みっせつ】
  • 「近接」【きんせつ】

「密接」【みっせつ】

「密接」には「隙間無く、みっちりと近接している様子」という意味があります。

また「深い関係にあること」という意味があります。

「A社とB社は、密接な関係にある」というケースでは、この二つの会社は、深い関係を持っているという意味になります。

「近接」【きんせつ】

「近接」には「非常に近づくこと・近くに寄ること」「近くにあること・そのものと接して存在すること」という意味があります。

「人が近接してくる」という言葉には、誰かが近寄ってくるという意味があります。

また「近接」には「すぐ近くにあること」という意味があります。

「スーパーに近接した駐車場」は、スーパーマーケットのすぐ近くにある駐車場という意味があります。

icon まとめ

「隣接」という言葉について見てきました。

隣り合っている何かを見た時、また非常に接近した物同士を見た時に、「隣接」という言葉を使ってみましょう。