意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「念押し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「念押し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「念押し」という言葉を使った例文や、「念押し」の類語を紹介して行きます。

念押し

Meaning-Book
「念押し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「念押し」とは?意味
  • 「念押し」の表現の使い方
  • 「念押し」を使った例文や短文など
  • 「念押し」の類語や類義語・言い換え


「念押し」とは?意味

「念押し」には「間違いがないかを念入りに確かめること」という意味があります。

また「念のため注意して確かめること」という意味があります。

  • 「念押し」の読み方

「念押し」の読み方

「念押し」の読み方は、「ねんおし」になります。



「念押し」の表現の使い方

「念押し」の表現の使い方を紹介します。

「念押し」という言葉には、「間違いがないかを念入りに確かめること」「念のため注意して確かめること」という意味があるため、事前に注意を促す時などに使ってみましょう。

例えば、子供が学校に行く前に、「教科書を全部持った」と注意して確かめる行為を「念押し」と言います。

「子供に教科書の忘れ物が無いよう、念押しをする」などと、「念押し」という言葉を使ってみましょう。

「念押し」を使った例文や短文など

「念押し」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「念押し」を使った例文1
  • 「念押し」を使った例文2

「念押し」を使った例文1

「約束の時間を間違えないよう、『念押し』する」

この例文は、遊びやデートの待ち合わせの時間を、相手が間違えたり忘れないよう、注意して確かめるという意味があります。

「明日13時に○○駅前」などと、電話で話した後で、SNSを通じて再び「集合は○○駅、13時」などとメッセージを送る様子を、「念押し」と言います。

一度ではなく、何度か繰り返すことで、相手も忘れず、待ち合わせ場所に行けるでしょう。

「念押し」を使った例文2

「異動の希望が叶うよう、上司に『念押し』する」

この例文は、社内異動の希望がある人が、そのお願いを何度もして、上司が忘れないよう確かめている文章になります。

一度だけ異動の希望を出したとしても、上司が本気で受け取ってくれるか分かりません。

そのためしつこくならない範囲で、何度か「念押し」することが大切かもしれません。



「念押し」の類語や類義語・言い換え

「念押し」の類語や類似を紹介します。

  • 「注意」【ちゅうい】
  • 「忠告」【ちゅうこく】

「注意」【ちゅうい】

「注意」には、「慎重に用心して気を付けること」「配慮して気を配ること」という意味があります。

また「悪いことが起こらないよう、警戒すること」という意味があります。

さらに「気を付けるように、側から言うこと」という意味があります。

「寝坊しないよう注意する」という言葉には、「寝坊をしないように気を付けるよう、側から言う」という意味があります。

「忠告」【ちゅうこく】

「忠告」には、「心をこめて、過ち、欠点などを直すように相手に言うこと」という意味があります。

「友達に、忠告する」などという、使い方をします。

icon まとめ

「念押し」という言葉について見てきました。

念を押す様子や、注意して確かめる様子を見た時、「念押し」という言葉を使ってみましょう。