意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目を奪われる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目を奪われる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「目を奪われる」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「目を奪われる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目を奪われる」とは?意味
  • 「目を奪われる」の表現の使い方
  • 「目を奪われる」を使った例文と意味を解釈
  • 「目を奪われる」の類語や類義語


「目を奪われる」とは?意味

「目を奪われる」というのは「目を盗られて何も見えないという意味で、あまりの美しさなどに見とれて夢中になる」という意味があります。

見とれて他のものが目に入らない、美しさに心が惹かれる、美しさに魅了される、という意味になります。

例えば、美人を見て「目を奪われた」という経験がある人もいるのではないでしょうか。

イケメンを見て「目を奪われる」人もいるかもしれませんね。

  • 「目を奪われる」の読み方

「目を奪われる」の読み方

「目を奪われる」の読み方は、「めをうばわれる」になります。

教養として知っておきたい言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「目を奪われる」の表現の使い方

「目を奪われる」の表現の使い方を紹介します。

「目を奪われる」というのは美しさに魅了される、目が釘付けになる、という意味です。

例えば、絵画が好きな人などは美術館に行って素晴らしい作品を見たとき、その作品に「目を奪われる」のではないでしょうか。

例えば、レオナルドダヴィンチのモナリザやミケランジェロのダビデ像などはとても有名ですよね。

もしも実物を見たら、それに「目を奪われる」人も多いかもしれません。

他のものが目に入らなくなるほどそれに集中する、魅了される、という時に使われる表現です。

「目を奪われる」を使った例文と意味を解釈

「目を奪われる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目を奪われる」を使った例文1
  • 「目を奪われる」を使った例文2

「目を奪われる」を使った例文1

「彼はビキニの美人に目を奪われました」

海水浴などに行くと、ビキニの美人などに「目を奪われる」という男性は多いのではないでしょうか。

下心などはなかったとしても、美人はつい見てしまいますよね。

女性であっても、美人には目を奪われてしまうものです。

逆に海水浴ではイケメンに「目を奪われる」女性も多いかもしれませんね。

「目を奪われる」を使った例文2

「美術の教科書で見た作品を目の当たりにし、目を奪われてしまった」

モナリザや最後の晩餐などは誰もが知る名作ですよね。

いざ本物を見たらドキドキしてしまう、という人もいるかもしれません。

たとえ技術にはあまり興味がないという状態であったとしても、世界の誰もが知るような作品を見たら夢中になってしまうのではないでしょうか。

他のものなど目に入らないほどワクワクするかもしれませんね。



「目を奪われる」の類語や類義語

「目を奪われる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「目が釘付けになる」【めがくぎづけになる】
  • 「魅了される」【みりょうされる】

「目が釘付けになる」【めがくぎづけになる】

「目が釘付けになる」というのは美しさに心が惹かれる、という意味になります。

魅力的なものに関心が向くことを指しており、「視線が釘付けになる」と言われることもあります。

「魅了される」【みりょうされる】

「魅了される」というのは魅力に惹きつけられる、惹かれる、という意味になります。

スリルや恐怖に魅了され、ジェットコースターが大好きという人もいるかもしれませんね。

icon まとめ

「目を奪われる」という表現は教養として知っておきたい言い回しです。

ぜひ覚えておきましょう。