意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「負け組」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「負け組」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「負け組」という言葉を使った例文や、「負け組」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「負け組」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「負け組」とは?意味
  • 「負け組」の表現の使い方
  • 「負け組」を使った例文や短文など
  • 「負け組」の類語や類義語・言い換え


「負け組」とは?意味

「負け組」には、「ある分野や事業などの分野で、競合するグループの後手になり、成功しなかったグループのこと」という意味があります。

ある分野にいる人を、「負け組」「勝ち組」に分けた時、「負け組」だと感じる時、「負け組」という言葉を使います。

  • 「負け組」の読み方

「負け組」の読み方

「負け組」の読み方は、「まけぐみ」になります。



「負け組」の表現の使い方

「負け組」の表現の使い方を紹介します。

「負け組」には「ある分野や、事業などで成功しなかったグループのこと」という意味があります。

そのため、成功しなかったグループにいる人を見た時に、「負け組」という言葉を使ってみましょう。

ただし「負け組」は自虐的に自分を称するのに使うケースが多く、第三者が個人を捕まえて「あなたは負け組だ」などというのは、マナー違反になるため気を付けましょう。

「負け組」を使った例文や短文など

「負け組」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「負け組」を使った例文1
  • 「負け組」を使った例文2

「負け組」を使った例文1

「40代になって、独身というのは、『負け組』かもしれない」

この例文は、結婚という分野における、成功していないグループについての文章になります。

世の中には「できるだけ早く結婚した方が幸せになる」「せめて30代までには結婚したい」というような風潮があります。

この風潮から見れば、40代独身は、「負け組」になるでしょう。

「負け組」を使った例文2

「人生の勝ち組に入るか、『負け組』に入るか、今が勝負どころだ」

この例文のように、人生の岐路に立っている人がいるかもしれません。

これから数年の頑張り次第で、成功した人生を送れるか、成功しなかった人生を送るかが決まってしまうと考えている人の気持ちになります。

もちろん人生の岐路は、いくつもあり、また成功しない人生が「負け組」とは限らないかもしれません。



「負け組」の類語や類義語・言い換え

「負け組」の類語や類似を紹介します。

  • 「敗者」【はいしゃ】
  • 「落伍者」【らくごしゃ】

「敗者」【はいしゃ】

「敗者」には、「勝負に負けた側や人のこと」という意味があります。

例えば「試合の敗者」は、試合に負けた人ということになります。

また一度勝負に負けた人が、復活を掛けて勝負する様子を「敗者復活戦」と言います。

「落伍者」【らくごしゃ】

「落伍者」には「大勢の人が歩むような人生において、後れを取ったり、良くない方向に行って、人生の中で落ちぶれてしまったりしている人のこと」という意味があります。

例えば、進学校に進んだ生徒が、学校内の競争に敗れて落後してしまった時、「落伍者」と呼ばれることがあります。

icon まとめ

「負け組」という言葉について見てきました。

ある分野や事業などで、成功しなかったグループについて、またそのグループにいる人について話す時、「負け組」という言葉を使ってみましょう。