意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一喝」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんの中には、周りの人から「一喝」された経験を持っている人もいらっしゃるかと思います。

この言葉は、とても怖い人からきつい口調で注意される印象があるかもしれません。

そこで、この「一喝」という言葉について考えて行くことにします。

Meaning-Book
「一喝」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一喝」とは?意味
  • 「一喝」の表現の使い方
  • 「一喝」を使った例文と意味を解釈
  • 「一喝」の類語や類義語


「一喝」とは?意味

「一喝」とは「大きく一声で叱りつけること」という意味を持っている言葉です。

  • 「一喝」の読み方

「一喝」の読み方

「一喝」「いっかつ」と読みますが、この頃ではあまり聞いたことのない若い人も少なくありませんので、ここで正確な読み方を押さえておきましょう。



「一喝」の表現の使い方

一喝は、「禅家で悟りを得させるために加える??咤」という意味合いで使われることがあります。

しかし、一般的には「大きな声でどやされる」という意味で使われることが多いので、うるさい人から叱り飛ばされるケースで使われています。

「一喝」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「一喝」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンを眺めてみることにしましょう。

  • 「一喝」を使った例文1
  • 「一喝」を使った例文2

「一喝」を使った例文1

「ダラダラと過ごしていたので、父に一喝されて、生活態度を改めることにした」

昔はこのように「一喝」する父親がたくさんいたものです。

いわゆる「雷親父」ですが、今ではこのようなタイプの父親が少なくなっています。

父親としての威厳がなくなった反面、友達感覚になったのでしょう。

「一喝」を使った例文2

「うちの部長はとても短気な性分なので、意に合わないと一喝にあうことになってしまう」

このようなタイプの人が上司だと、とても居心地の悪い職場になってしまいます。

最近では、優しい上司が増えてきましたが、時として「一喝」できる人も必要です。



「一喝」の類語や類義語

「一喝」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような表現ができるか見ていくことにします。

  • 「怒鳴る」【どなる】
  • 「咆哮」【ほうこう】

「怒鳴る」【どなる】

「怒鳴る」という言葉が「一喝」の類義語として使うことがことができます。

「大きな声を出して呼ぶ」と言う意味になりますが、「声高に怒鳴られる」「悪いいたずらをして怒鳴られる」というような使い方になります。

「声を限りなく大きくして叱り飛ばす」という印象があるので、とてもビクビクしている感じがします。

「咆哮」【ほうこう】

「咆哮」という表現もありますが、「獣のなどが吠えたけること」という意味になります。

今では日常生活の中ではあまり使われることがありませんが、小説の一節で目にすることができます。

それでも中々使いこなせる人は少ないでしょう。

icon まとめ

「一喝」という言葉を考察してきましたが、今では日常生活でも、仕事の場面でも、優しく穏やかな雰囲気で会話することが多くなっていますので、激しく「一喝」されるようなケースが段々と少なくなっています。

しかし、誤ったことをした相手には、このように厳しく叱ることも必要なので、「一喝」できる人は、ある意味、貴重な人かもしれません。