意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怒鳴る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「怒鳴る」という表現は誰もが使った経験も持つのではないでしょうか。

ここでは「怒鳴る」という表現について詳しく紹介していきます。

怒鳴る

Meaning-Book
「怒鳴る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「怒鳴る」とは?
  • 「怒鳴る」の表現の使い方
  • 「怒鳴る」を使った例文と意味を解釈
  • 「怒鳴る」の類語や類義語


「怒鳴る」とは?

「怒鳴る」というのは「大声で叫ぶ」「大声で呼ぶ」という意味もありますし、「声高く叱りつける」という意味でも使われます。

一般的には「声高く叱りつける」という意味で使われますね。

例えば、母親から「怒鳴られた」経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

また、職場で上司から「怒鳴られた」などという経験を持つ人もいるかもしれませんね。

しかし、すぐに「怒鳴る」上司は信頼できないと感じる人もいるかもしれません。

  • 「怒鳴る」の読み方

「怒鳴る」の読み方

「怒鳴る」「どなる」と読みます。

よく使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「怒鳴る」の表現の使い方

「怒鳴る」という表現は一般的に「声高く叱りつける」などという時に使われます。

例えば学校で教師から「怒鳴られた」ことがある人もいるかもしれませんね。

父親から「怒鳴られる」と怖いと感じる人もいるかもしれません。

しかし最近では子供を「怒鳴らない」方が良いとも言われています。

「怒鳴る」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「怒鳴る」を使った例文1
  • 「怒鳴る」を使った例文2

「怒鳴る」を使った例文1

「子供を怒鳴っても良い事はありません」

イライラしてしまうと、どうしても子供を怒鳴ることがあるかもしれません。

しかし、怒鳴ったところで言いたいことが子供に伝わっているとは限らず、怒鳴ってしまうとただ単に子供を萎縮させてしまうだけだとも言われています。

最近では怒鳴らないほうがよい、怒鳴ってはいけない、などとも言われており、学校の先生から怒鳴られるということも減りつつあるのではないでしょうか。

「怒鳴る」を使った例文2

「最近上司に怒鳴られ、ショックです」

仕事でミスをしたりすると、上司から怒鳴られてしまうなどということもあるかもしれませんね。

その一方で、やはり部下を怒鳴ることで信頼を失う、などと考えている上司もいると言われています。

怒鳴られてしまえば、その勢いに驚くだけで何を怒られたのかよくわからない、などという人もいるかもしれません。

きちんと何が悪かったのか説明することが重要です。

もしも何が何だかわからないまま上司から怒鳴られてしまうと、それだけでショックになってしまいます。



「怒鳴る」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「悲鳴」【ひめい】
  • 「叫ぶ」【さけぶ】

「悲鳴」【ひめい】

「悲鳴」というのは「人間や動物が突然不快な刺激を受けたときにとっさに出す声」だと言われています。

反射的に出てくることがほとんどではないでしょうか。

「叫ぶ」【さけぶ】

「叫ぶ」というのは「大声を上げる」「喚く」という意味です。

ある意見を世間に向かって強く主張するときに比喩的に使うこともあります。

icon まとめ

「怒鳴る」という表現は日常的にも使えますので、ぜひ覚えておきたいですね。

人を「怒鳴らない」ように意識したいものです。