意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使い切る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「使い切る」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「使い切る」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「使い切る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「使い切る」とは?意味
  • 「使い切る」の表現の使い方
  • 「使い切る」を使った例文と意味を解釈
  • 「使い切る」の類語や類義語


「使い切る」とは?意味

「使い切る」というのは「与えられたものを全て使ってしまう」という意味になります。

「使い終わる」「部品を補充したりせずにそのまま捨てる」という時に使われる表現です。

例えば、シャンプーやコンディショナーなどは最後まで「使い切り」ます。

「使い切った」ら新しいシャンプーやコンディショナーを購入するという人もいれば、詰め替え用を購入するという人もいるのではないでしょうか。

  • 「使い切る」の読み方

「使い切る」の読み方

「使い切る」の読み方は、「つかいきる」になります。

日常会話でよく使われる表現ですから、ぜひ覚えておきましょう。



「使い切る」の表現の使い方

「使い切る」の表現の使い方を紹介します。

「使い切る」というのは全て使う、使い終わる、という意味になります。

例えば、牛乳やジャムなどの食料品を購入したら、最後まで「使い切り」たいですよね。

しかし、人によっては思った味と違った、などという理由で最後まで「使い切らない」という人もいるかもしれませんね。

もしも「使い切らない」と思ったら、それを使えそうな人に譲っても良いのではないでしょうか。

「使い切る」を使った例文と意味を解釈

「使い切る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「使い切る」を使った例文1
  • 「使い切る」を使った例文2

「使い切る」を使った例文1

「バターを使い切ったため、新しいものを購入しなければいけません」

バターやマーガリンは料理にも使えますし、食パンに塗ってトーストにするという人もいるのではないでしょうか。

すぐに悪くなるようなものではありませんが、使い切ってから新しいものを購入するという人もいるかもしれませんね。

クリームチーズやジャムなど、好きで購入する人もいるのではないでしょうか。

「使い切る」を使った例文2

「弟はシャンプーを使い切る前に新しいものを使い始めました」

シャンプーなどを新しく購入すると、今使っているものを使い切る前に新しいものを使い始めてしまう、などということもあるかもしれませんね。

新しいものを使い始めてしまったら古いものは使わなくなる可能性がありますので、ぜひ前のものを使い切ってから新しいものを使い始めたいものです。

しかし、誘惑に負けてしまい、使い切る前に新しいものを開封してしまって最終的に使い切らずに捨ててしまった、などという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。



「使い切る」の類語や類義語

「使い切る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「使い果たす」【つかいはたす】
  • 「消費」【しょうひ】

「使い果たす」【つかいはたす】

「使い果たす」というのは「所持している金銭やものを全部使ってなくなってしまう」という意味を持ちます。

「所持金を使い果たす」などと言いますね。

「消費」【しょうひ】

「消費」というのは「お金や物、労力などを使ってなくす」という意味になります。

「電力を消費する」などと使われます。

人間の欲望を満たすために物財を費やす行為、とも言われます。

icon まとめ

「使い切る」という表現は日常生活でも使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

何かを開封したら、使い切って捨てるようにしたいものです。