意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「紛らわしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「紛らわしい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「紛らわしい」という言葉を使った例文や、「紛らわしい」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「紛らわしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「紛らわしい」とは?意味
  • 「紛らわしい」の表現の使い方
  • 「紛らわしい」を使った例文や短文など
  • 「紛らわしい」の類語や類義語・言い換え


「紛らわしい」とは?意味

「紛らわしい」には、「類似していて、区別や判別がつきにくい」という意味があります。

また「まぶしい」「まばゆい」という意味があります。

一般的には、前者の意味で使われています。

  • 「紛らわしい」の読み方

「紛らわしい」の読み方

「紛らわしい」の読み方は、「まぎらわしい」になります。



「紛らわしい」の表現の使い方

「紛らわしい」の表現の使い方を紹介します。

「紛らわしい」には「似ていて区別がつきにくい」という意味があります。

何かと何かが似ていて区別がつきにくいという時に、「紛らわしい」という言葉を使ってみましょう。

例えば、テレビのリモコンと、DVDのリモコンが似ていて区別がつきにくい時、「紛らわしいリモコン」などと「紛らわしい」という言葉を使ってみましょう。

「紛らわしい」を使った例文や短文など

「紛らわしい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「紛らわしい」を使った例文1
  • 「紛らわしい」を使った例文2

「紛らわしい」を使った例文1

「同僚の名前が『紛らわしい』ため、呼ばれると振り返ってしまう」

この例文は、名前が良く似ている同僚がいて、同僚が呼ばれた時に、自分も振り返ってしまうという文章になります。

このように、何かが似ていて区別がつきにくい時に、「紛らわしい」という言葉を使ってみましょう。

「紛らわしい」を使った例文2

「彼女は男性に好きだと思わせるような『紛らわしい』態度を取る」

この例文には、ある女性が、男性に対して好意を持っていると感じさせるような態度を取っているという意味があります。

普通の態度が、好意のある人に取る態度に似ているため、区別がつきにくい小悪魔タイプの女性かもしれません。

このような、どう理解していいか分かりにくい態度を「紛らわしい態度」などと呼びます。

相手に本当に好意を持たれたら困るかもしれないため、「紛らわしい態度」は避けた方がいいかもしれません。



「紛らわしい」の類語や類義語・言い換え

「紛らわしい」の類語や類似を紹介します。

  • 「疑似」【ぎじ】
  • 「曖昧」【あいまい】

「疑似」【ぎじ】

「疑似」という言葉には、「本物によく似ていて区別がしずらく、紛らわしいこと」という意味があります。

また「そっくり真似をすること」という意味もあります。

「疑似恋愛」という言葉には、「本物の恋愛によく似ていて、紛らわしい様子」という意味があります。

「曖昧」【あいまい】

「曖昧」には「はっきりとしない物事や物言い」という意味があります。

また「怪しくて疑わしいこと」という意味があります。

「曖昧な返事」という言葉には、「返事がはっきりしないこと」という意味があります。

icon まとめ

「紛らわしい」という言葉について見てきました。

似ていて区別がつきにくい物や言動を目にした時、「紛らわしい」という言葉を使ってみましょう。