意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嵐の前の静けさ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

映画やドラマなどで「嵐の前の静けさ」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、語源や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「嵐の前の静けさ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「嵐の前の静けさ」とは?
  • 「嵐の前の静けさ」の表現の使い方や語源や由来
  • 「嵐の前の静けさ」を使った例文と意味を解釈
  • 「嵐の前の静けさ」の類語や類義語


「嵐の前の静けさ」とは?

「嵐の前の静けさ」の概要について紹介します。

  • 「嵐の前の静けさ」の読み方
  • 「嵐の前の静けさ」の意味
  • 「嵐の前の静けさ」の由来

「嵐の前の静けさ」の読み方

「嵐の前の静けさ」「あらしのまえのしずけさ」と読みます。

長い言葉ですが、特に難しい漢字はないので覚えておきましょう。

「嵐の前の静けさ」の意味

「嵐の前の静けさ」の意味は「大事件が起きる前に平穏な時間が来ること」です。

大きな事件や何らかの異変が起きる前に、静かな時間が訪れて、それが返って不安を誘い「何か起きるのでは」と思うことを言います。

また、あまりにも平穏な時間を過ごしている時に、「こんなに平和に過ごしていいのだろうか」と心配になり、その後に起きる出来事が余計大事に感じられることも表します。

「嵐の前の静けさ」の由来

「嵐の前の静けさ」は、一般的に暴風雨が起きる前には、風がピタリと止んで静かな状態になることからきています。

明らかに天候が悪くなってきていると分っている時に静かな状態になることから、大事件や波乱が起きる前触れの不気味な様子として使われる様になりました。



「嵐の前の静けさ」の表現の使い方や語源や由来

「嵐の前の静けさ」の使い方について紹介します。

  • 人が怒る前兆として
  • 過去の出来事として

人が怒る前兆として

誰かが非常に怒る様なことが起きているけれども、怒りを爆発させる前にしばらく平静を装っている状態を表します。

怒りを爆発させる直前で感情をなるべく抑えていることから、明らかに不穏な雰囲気になっていることが伝わるのです。

過去の出来事として

その時はまだ分かっていなかったけれども、後から思い返してみればその事件が持ち上がる前は非常に静かな状態だったという時に「嵐の前の静けさだった」と使われます。

「嵐の前の静けさ」を使った例文と意味を解釈

「嵐の前の静けさ」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「嵐の前の静けさ」を使った例文1
  • 「嵐の前の静けさ」を使った例文2

「嵐の前の静けさ」を使った例文1

「昨日デートをドタキャンしたけれども特に何も言ってこない、これは嵐の前の静けさだろうか」

デートをドタキャンして彼女が怒っているはずなのに、何も連絡してこないので不気味さを表しています。

「嵐の前の静けさ」を使った例文2

「犬猿の仲の2人が黙っているが、これは嵐の前の静けさか」

明らかに仲が悪い同士が黙って一緒にいるのですが、これからケンカが起こりそうなピリピリした雰囲気です。



「嵐の前の静けさ」の類語や類義語

「嵐の前の静けさ」の類語を紹介します。

  • 「一触即発」【いっしょくそくはつ】
  • 「にらみ合い」【にらみあい】

「一触即発」【いっしょくそくはつ】

「ちょっとしたきっかけで大きなトラブルや危険が生じること」という意味です。

「にらみ合い」【にらみあい】

「お互い嫌っているけれどもまだ手を出さずに攻めるチャンスを狙っている状態」という意味です。

icon まとめ

「嵐の前の静けさ」「大事件が起きる前に平穏な時間が来ること」という意味です。

静けさが不気味に感じられる時に使ってみましょう。