意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「巻き起こす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「巻き起こす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「巻き起こす」という言葉を使った例文や、「巻き起こす」の類語を紹介して行きます。

巻き起こす

Meaning-Book
「巻き起こす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「巻き起こす」とは?意味
  • 「巻き起こす」の表現の使い方
  • 「巻き起こす」を使った例文や短文など
  • 「巻き起こす」の類語や類義語・言い換え


「巻き起こす」とは?意味

「巻き起こす」には、「風などがほこりや砂などを吹き上げる」という意味があります。

また「あることがきっかけになり、ある状態を引き起こす」という意味があります。

  • 「巻き起こす」の読み方

「巻き起こす」の読み方

「巻き起こす」の読み方は、「まきおこす」になります。



「巻き起こす」の表現の使い方

「巻き起こす」の表現の使い方を紹介します。

「巻き起こす」には、「風などがほこりや砂を吹き上げる」という意味があるため、そのような場面を見た時に使ってみましょう。

また「巻き起こす」には「あることがきっかけになり、ある状態を引き起こす」という意味があります。

例えば「SNSで話題になった」ことがきっかけで、「テレビの人気者」になる様子を見た時、「SNSで話題になり、テレビでセンセーションを巻き起こす」などと言ってみましょう。

「巻き起こす」を使った例文や短文など

「巻き起こす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「巻き起こす」を使った例文1
  • 「巻き起こす」を使った例文2

「巻き起こす」を使った例文1

「強い風が落ち葉を『巻き起こす』」

この例文はある冬の日に、強い風が吹いたため、落ち葉が吹き上がった様子を文章にしたものです。

このように、風などが落ち葉やほこりなどを吹き上げる様子を「巻き起こす」と言います。

「巻き起こす」を使った例文2

「無名の新人選手が、世界大会のトーナメントに旋風を『巻き起こす』」

この例文は、世界大会に出場した世界的には無名な選手が、トーナメントを勝ち抜いて世間を騒がせている様子を文章にしたものです。

このように何か大きな事件や出来事を起こして、社会的に大きな話題になったり、世間を騒がせることを、「旋風を巻き起こす」と言います。



「巻き起こす」の類語や類義語・言い換え

「巻き起こす」の類語や類似を紹介します。

  • 「かき回す」【かきまわす】
  • 「波風を立てる」【なみかぜをたてる】

「かき回す」【かきまわす】

「かき回す」には、「混乱や揉め事を生じさせる」という意味があります。

「教室をかき回す転校生」という言葉には、「教室に混乱や揉め事を生じさせる転校生」という意味があります。

「波風を立てる」【なみかぜをたてる】

「波風を立てる」には、「物事に面倒な事案や揉め事を持ち込む」という意味や、「雰囲気を悪くするような行動をとること」という意味があります。

「平和な職場に、波風を立てる新人」という言葉には、穏やかで問題がない職場の雰囲気を悪くしたり、面倒事を持ち込む新人社員という意味があります。

icon まとめ

「巻き起こす」という言葉について見てきました。

風がほこりや砂を吹き上げる様子を見た時、またあることがきっかけになり、ある状態を引き起こしていると感じた時に、「巻き起こす」という言葉を使ってみましょう。