意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「用立て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「用立て」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「用立て」という言葉を使った例文や、「用立て」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「用立て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「用立て」とは?
  • 「用立て」を使った例文や短文など
  • 「用立て」の類語や類義語・言い換え


「用立て」とは?

「用立て」という言葉の意味や読み方を紹介します。

この言葉を知っている人も知らない人も、この言葉の意味や読み方を詳しく見て行きましょう。

  • 「用立て」の読み方
  • 「用立て」の意味

「用立て」の読み方

「用立て」「ようだて」と読みます。

「ようりつて」などと読み間違えないようにしましょう。

「用立て」の意味

「用立て」という言葉の意味を紹介します。

「用立て」には、「用立てること」という意味があり、「用に充てさせる」「役に立たせる」という意味があります。

特に「金を用意する」「金を貸す」という意味があります。

このように、「用立て」には、「用に充てさせる」「役に立たせる」「金を用意する」という意味があります。



「用立て」を使った例文や短文など

次に「用立て」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「用立て」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「用立て」を使った例文1
  • 「用立て」を使った例文2

「用立て」を使った例文1

「お金を『用立て』て欲しいと、友達に頼む」

この例文は、お金の工面に困った人が、お金を用意して欲しいと、友達に頼んでいる文章になります。

「お金を貸してくれ」という場面で、「お金を用立ててくれ」という方が、多少はスマートな印象があるかもしれません。

「用立て」を使った例文2

「5万円なら、『用立て』ましょう」

この例文は、お金を貸してくれと頼まれた人が、5万円なら、貸せると言った場面になります。

「お金を5万円貸します」よりも「用立てます」と言った方が、ソフトな印象になるかもしれません。

「用立て」の類語や類義語・言い換え

続いて「用立て」の類語や類似表現を紹介します。

「用立て」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「都合する」【つごうする】
  • 「立替」【たてかえ】
  • 「工面する」【くめんする】

「都合する」【つごうする】

「つごうする」には「お金を用意する」という意味があります。

「3万円都合する」という言葉には、3万円のお金を用意するという意味があります。

「立替」【たてかえ】

「立替」という言葉には、「金銭などを一時的に代わりに支払うこと」という意味があります。

「現金を持っていない友達のため、お金を立替する」などという使い方をします。

「工面する」【くめんする】

「工面する」には、「色々な手段や方法を考えて、手はずを整える」という意味があります。

また「工夫してお金を用意する」という意味もあります。

「走り回って、10万円工面する」などという使い方をします。



icon まとめ

「用立て」という言葉について見てきました。

何かを用に充てさせる時、またお金を借りたり貸したりする時に、「用立て」という言葉を使ってみましょう。