意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内容を絞る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日本語には言葉を重ねることで意味を成す熟語が多く存在します。

そして熟語によって使われる機会・頻度も大きく異なりますが、「内容を絞る」という言葉はプライベート・ビジネスシーンと様々な場面で用いられます。

どのような言葉か紹介していきます。

内容を絞る

Meaning-Book
「内容を絞る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「内容を絞る」とは?
  • 「内容を絞る」の表現の使い方
  • 「内容を絞る」を使った例文と意味を解釈
  • 「内容を絞る」の類語や類義語


「内容を絞る」とは?

「内容を絞る」という言葉は対象となるものに対する内容が複数あり、それを限定する・選択することを意味します。

対象となるものに決まり・制限はありませんが、その対象に対する内容は複数存在していることが条件となります。

また「絞る」という言葉の意味として元々は圧力を加えて凝縮することを意味しますが、意味が転じて「対象の範囲・幅を狭くする」と解釈されます。

  • 「内容を絞る」の読み方

「内容を絞る」の読み方

「内容を絞る」という言葉の読み方は「ないようをしぼる」と読みます。

前半の「内容」は音読みで「ないよう」とし、後半の「絞る」は訓読みで「しぼる」と読みます。



「内容を絞る」の表現の使い方

「内容を絞る」という言葉の使い方として、複数ある内容から必要な中身・情報を選択することを意味しています。

使う場面としてはプライベート・仕事場と様々に適応します。

また多くの場合、特定の話題に対しての問題提起・議論など様々な意思が飛び交う際に用いられます。

しかしその意見が多くまとまらないため、意見の集約として「内容を絞る」と用いられます。

「内容を絞る」を使った例文と意味を解釈

「内容を絞る」という言葉は日常の様々な場面で適応します。

しかし使用頻度が多いことからも使い方を間違えると誤解を生みかねません。

正しく使うにあたり、どのような使い方となるか例文とその解釈を紹介します。

  • 「内容を絞る」を使った例文1
  • 「内容を絞る」を使った例文2

「内容を絞る」を使った例文1

「今回の会議について様々な意見をいただきました。ここで一旦出た内容を絞ることにしますね」

この場合、会議でのまとめとして用いられています。

会議の中では多くの意見が出ましたが、数が多くまとまりがないため集約して整理することを「内容を絞る」と表現しています。

「内容を絞る」を使った例文2

「今回の件について情報が多すぎて混乱していると思う。しかしちゃんと内容を絞ると実は単純なことなんだよ」

この場合、混乱している人たちに対しての説明として用いられています。

情報量の多さから混乱を引き起こす人が多くいますが、情報を限定して考えると単純たと伝えており、そのことを「内容を絞る」と表現しています。



「内容を絞る」の類語や類義語

「内容を絞る」という言葉は様々な場面で適応しますが、時には異なる言葉・表現を用いる場合もあります。

どのようながあるか、類語や類義語を紹介していきます。

  • 「重点を置く」【じゅうてんをおく】
  • 「ポイントを押さえる」【ぽいんとをおさえる】

「重点を置く」【じゅうてんをおく】

「重点を置く」とは物事における重要な場所・位置づけを決めることを意味します。

しかしその背景には様々な情報・内容がある中で内容を絞っており、家庭における意味合いから類語とされています。

「ポイントを押さえる」【ぽいんとをおさえる】

ここでのポイントとは対象となるものにおける要点・重点となる部分を指します。

そして押さえるとは「理解する」という解釈となります。

そのため理解したうえで重要なことを絞ることから類語となります。

icon まとめ

「内容を絞る」という言葉は様々な場面で適応しますが、一般的な言葉でもあるため正しく使いこなす必要があります。

またプライベート・ビジネスシーンと使い分けも求められる事から類語・類義語も理解しておくことが求められます。