意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「扱い方」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「扱い方」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「扱い方」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「扱い方」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「扱い方」とは?
  • 「扱い方」の表現の使い方
  • 「扱い方」を使った例文と意味を解釈
  • 「扱い方」の類語や類義語


「扱い方」とは?

「扱い方」というのは物事を扱う方法のことを指します。

何かを使ったり操作したりするときのやり方を指しており、例えば初めての機械などを使うときには「取扱説明書」などをチェックして「扱い方」を調べる人も多いのではないでしょうか。

正しい「扱い方」をすることで機械などを最大限に使えますね。

「扱い方が悪い」と言えば人や道具などを用いる際のやり方が適切ではない、という意味になります。

  • 「扱い方」の読み方

「扱い方」の読み方

「扱い方」「あつかいかた」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「扱い方」の表現の使い方

「扱い方」というのは何かを使用したり操作する方法を指しています。

人物に対して使われることもあり、例えば「部下の扱い方には気をつけて」「生徒の扱い方には注意をするように」などと言われる場合もあります。

部下等を使う場合は尊敬の心を忘れず、相手を尊重しなければいけません。

また、学校の生徒を扱うときには個人情報に配慮するなど、細かな気配りが求められます。

「扱い方」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「扱い方」を使った例文1
  • 「扱い方」を使った例文2

「扱い方」を使った例文1

「あの人は部下の扱い方を間違っている」

職場で部下を使うために、部下を怒鳴り飛ばせば良いというわけでは無いですよね。

また、頭ごなしに指摘すれば良いというわけでもありません。

むしろ、部下のことを尊重して説明する必要があります。

そのため、もしも頭ごなしに部下に指示を出すような人がいれば、それは「扱い方」を誤っているなどと言われてしまうことがあるでしょう。

部下に尊重されるような人材になりたいものです。

「扱い方」を使った例文2

「扱い方を確認するには取扱説明書が大切です」

もしかしたら取扱説明書は使わないという人もいるのではないでしょうか。

何かを初めて扱うときには自分でなんとなく手探りで使ってみれば「扱い方」がわかる、と考える人もいるかもしれませんね。

しかし、やはり取扱説明書にはいちど目を通した方が良いといえます。

やってはいけないことなどもありますので、間違った「扱い方」をしないように気をつけましょう。



「扱い方」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「使い方」【つかいかた】
  • 「取り扱い」【とりあつかい】

「使い方」【つかいかた】

「使い方」というのは物の使う方法の事、物事を扱う方法のこと、という意味になります。

例えば「パソコンの使い方はこちらに書かれています」などと言われますね。

「取り扱い」【とりあつかい】

「取り扱い」というのは取り扱うことを指しています。

取り扱うというのはものを手で持って動かしたり使ったりするという意味になります。

icon まとめ

「扱い方」という表現は日常的にも使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

正しい「扱い方」を心がけたいものです。