意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取り扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「取り扱い」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「取り扱い」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「取り扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取り扱い」の意味
  • 「取り扱い」の表現の使い方
  • 「取り扱い」を使った例文と意味を解釈
  • 「取り扱い」の類語や類義語


「取り扱い」の意味

「取り扱い」というのは「取り扱うこと」という意味です。

「取り扱う」というのは「ものを手で持って動かしたり使ったりする」「物事を処理する」「人を待遇する」という意味があります。

「取り扱い説明書」という表現を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

何かを初めて使う時など、このような説明書を読んで使い方を学ぶという人も多いかもしれません。

  • 「取り扱い」の読み方

「取り扱い」の読み方

「取り扱い」の読み方は、「とりあつかい」になります。

日常的にも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「取り扱い」の表現の使い方

「取り扱い」の表現の使い方を紹介します。

何か危険なものを取り扱うときは、「取り扱いに気をつけてください」「取り扱い注意」などと言われることがあります。

例えば劇薬などを利用するときには、その劇薬を購入したお店で「取り扱いに注意してくださいね」などと言われることもあるでしょう。

「取り扱い」を使った例文と意味を解釈

「取り扱い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「取り扱い」を使った例文1
  • 「取り扱い」を使った例文2

「取り扱い」を使った例文1

「この洗剤は取り扱いに気をつけてください」

洗剤そのものが危険だという事は滅多にありませんが、このような薬品を使うときは、他の薬品や洗剤等と混ぜないようにしなければいけません。

また、洗剤によっては換気を良くし、長時間その洗剤を吸い込まないようにすることが必要な場合もあります。

家に着いたらしっかりと洗う、万が一にも目に入ったりしたらしっかりと洗い流し医者に相談する、などと気をつけなければならないものもあります。

「取り扱い」を使った例文2

「取り扱い説明書を見たほうがいいと思いますよ」

機械などを購入した時、「取り扱い説明書」を見ながらその機械を使うという人もいれば、使いながらやり方を覚えていくという人もいるかもしれません。

確かに使いながら覚えていくということも良いですが、そのやり方では今まで知らなかった使い方がわからない可能性もあります。

説明書を見ることでその機械海のみが持っている便利な機能などを逃してしまう可能性もありますので、気をつける必要があります。



「取り扱い」の類語や類義語

「取り扱い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「使い方」【つかいかた】
  • 「操作」【そうさ】

「使い方」【つかいかた】

「使い方」というのは「使う方法」という意味です。

機械などを購入した時、「使い方」という説明書が入っている場合もあります。

「操作」【そうさ】

「操作」というのは「機械や器具などを動かして作業させる」という意味です。

「遠隔操作」などとも言われ、「自分の都合の良いように手を加える」という時にも使われます。

icon まとめ

「取り扱い」という表現は日常的にも使われますのでぜひ覚えておきましょう。

使い方は間違えないようにしたいものです。