意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「前口上」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「前口上」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「前口上」という言葉を使った例文や、「前口上」の類語を紹介して行きます。

前口上

Meaning-Book
「前口上」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「前口上」とは?
  • 「前口上」を使った例文や短文など
  • 「前口上」の類語や類義語・言い換え


「前口上」とは?

「前口上」という言葉を知っているでしょうか。

「前口上が長い」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「前口上」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「前口上」という言葉の意味を紹介します。

  • 「前口上」の読み方
  • 「前口上」の意味

「前口上」の読み方

「前口上」「まえこうじょう」と読みます。

「まえくちうえ」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「前口上」「まえこうじょう」と読みましょう。

「前口上」の意味

「前口上」という言葉の意味を紹介します。

「前口上」には、「実演や実技などが始まる前に述べる口上」という意味があります。

また「前置き」という意味があります。

「前口上が長い」という言葉には、「前置きが長い」という意味があります。

このように、「前口上」という言葉には、「実演や実技などが始まる前に述べる口上」「前置き」という意味があります。



「前口上」を使った例文や短文など

続いて「前口上」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「前口上」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「前口上」を使った例文1
  • 「前口上」を使った例文2

「前口上」を使った例文1

「『前口上』が長く、なかなかプレゼンの本題に進まない」

この例文は、プレゼンを始めた人が、前置きばかり話して、本題に入って行かない場面を文章にしたものです。

このように、前置きばかり長いと「前口上が長い」と文句を言われてしまうことがあるため、注意が必要です。

「前口上」を使った例文2

「この舞台は『前口上』で期待するほど、おもしろくない」

この例文は、舞台上で演技が始まる前の口上はおもしろいが、実際の演技はそれほどおもしろくないという意味があります。

予告編が面白いが、本編はそれほどでもない映画がありますが、同じように「前口上」ばかりが面白い舞台も中にはあるでしょう。

「前口上」の類語や類義語・言い換え

「前口上」の類語や類似表現を紹介します。

「前口上」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「前置き」【まえおき】
  • 「つかみ」

「前置き」【まえおき】

「前置き」には「文章や談話などで、本題に入る前に述べること」という意味があります。

「前置きをしてから話す」「前置きが長いと嫌われる」などという使い方をします。

「つかみ」

「つかみ」には「相手の気持ちを引き付けること」という意味があります。

挨拶やスピーチの最初に、相手の気持ちを引き付けるような冗談を話すことを「つかみを話す」などと言います。



icon まとめ

「前口上」という言葉について見てきました。

実演や実技が始まる前に述べる口上を聞いた時、前置きを聞いた時に、「前口上」という言葉を使ってみましょう。