意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「前置き」の意味や使い方

「前置き」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「前置き」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「前置き」の意味や使い方>


目次

  • 「前置き」とは?意味
  • 「前置き」の表現の使い方
  • 「前置き」を使った例文と意味を解釈
  • 「前置き」の類語や類義語


「前置き」とは?意味

「前置き」というのは「本論に入る前に述べること」、あるいは「その時の言葉や文章」という意味になります。

例えば文章や談話において、本題に入る前に何か言葉を述べることがあります。

それを「前置き」と言います。

いきなり本題に入るのではなく、「前置き」することで聞いている人たちの注意を集め、集中するように働きかけられると考えられます。

そのかわり、「前置き」が長くなってしまうと聞いている側も嫌になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

  • 「前置き」の読み方

「前置き」の読み方

「前置き」の読み方は、「まえおき」になります。

ビジネスのスピーチなどでも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきたい言い回しです。



「前置き」の表現の使い方

「前置き」の表現の使い方を紹介します。

「前置き」というのは本題に入る前に述べることや述べる言葉を指しており、例えば「あの人は前置きが長い」などという表現を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

本題とは関係ない内容ばかりを長々と話、なかなか本題に入ってくれないとこのように言われてしまうかもしれません。

その一方で、「前置き」を入れることで話の方向性が明らかになりますので、ストレートに本題に入れば良いというわけでもないのです。

「前置き」を使った例文と意味を解釈

「前置き」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「前置き」を使った例文1
  • 「前置き」を使った例文2

「前置き」を使った例文1

「この小説は前置きが長く、嫌になってしまいます」

小説などでも「前置き」が大切です。

しかし、その「前置き」があまりにも長いと、なかなか本編に始まらないため、本編に入る前に嫌になってしまうということもあるかもしれません。

確かに本編を楽しむためには「前置き」が大切なのですが、「前置き」が長すぎる小説は避けたいと思う人もいるかもしれません。

その一方で、長い「前置き」から本編を想像するのが好きだという人もいると言われています。

「前置き」を使った例文2

「彼女は上手に前置きを使い、聞いている人たちの注意を集めます」

上手に「前置き」できるという事は、聞いている人たちを集中させ、これからどのような話をしていくのか、ということを想像させられるという意味になります。

ストレートに本編に入ってしまうと何を言われているのかわからないと感じたとしても、上手に「前置き」が置かれていると、これからどのような話になっていくのかわかりやすく、そのような人のプレゼンなどは聞いていて飽きない、と感じることもあるかもしれません。



「前置き」の類語や類義語

「前置き」の類語や類義を紹介します。

  • 「イントロダクション」【いんとろだくしょん】
  • 「前書き」【まえがき】

「イントロダクション」【いんとろだくしょん】

「イントロダクション」というのは「導入」「採用」、あるいは「序論」「序説」を指します。

音楽の序奏や物語の導入部分を指すこともあります。

「前書き」【まえがき】

「前書き」というのは「書物や論文などで本文の前に書き添える文章」になります。

「序」などと言われることもあり、本文の趣旨や由来を述べる文章になります。

icon まとめ

誰かに話をする時、「前置き」は非常に重要です。

適切な「前置き」を用いたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。