意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「前置きが長い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「前置きが長い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「前置きが長い」という言葉を使った例文や、「前置きが長い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「前置きが長い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「前置きが長い」とは?意味
  • 「前置きが長い」の表現の使い方
  • 「前置きが長い」を使った例文や短文など
  • 「前置きが長い」の類語や類義語・言い換え


「前置きが長い」とは?意味

「前置きが長い」「前置き」には、「文章や談話などで、本題に入る前に述べること」という意味があります。

そのため「前置きが長い」には、「本題に入るまでの話が長い」という意味があります。

  • 「前置きが長い」の読み方

「前置きが長い」の読み方

「前置きが長い」の読み方は、「まえおきがながい」になります。



「前置きが長い」の表現の使い方

「前置きが長い」の表現の使い方を紹介します。

「前置きが長い」には、「本題に入るまでの話が長い」という意味があります。

そのため、スピーチや文章を読んだ時、本題になかなか入らないと感じた時に、「前置きが長い」という言葉を使ってみましょう。

例えば結婚式の友人代表のスピーチで、歌を唄うことが決まっているのに、いつまでも挨拶の話を続けている様子を見た時、本題に入るまでの話が長いと感じるのではないでしょうか。

このような様子を見た時、「歌に入る前の、前置きが長い」などと「前置きが長い」という言葉を使って表現してみましょう。

「前置きが長い」を使った例文や短文など

「前置きが長い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「前置きが長い」を使った例文1
  • 「前置きが長い」を使った例文2

「前置きが長い」を使った例文1

「司会者の『前置きが長い』ため、歌が番組に入りきらない」

この例文は音楽番組などで、司会者が歌手についてのエピソードや、歌の素晴らしさなどを語りすぎて、肝心の歌が番組終了までに終わらなかったという場面になります。

このように、本題に入るまでの話が長い様子を、「前置きが長い」という言葉を使って表現してみましょう。

「前置きが長い」を使った例文2

「商品発表会の『前置きが長い』だけで、商品はそれほどでもなかった」

この例文は、あるメーカーが新商品を発表するための、発表会についての文章になります。

新商品を登場する場面の前に、たくさん商品について話をしたものの、実際の商品はいまいちだったという場面になります。

このように、本番に入る前の話が長いだけで期待外れの時、「前置きが長いだけ」という言い回しを使います。



「前置きが長い」の類語や類義語・言い換え

「前置きが長い」の類語や類似を紹介します。

  • 「イントロが長い」【いんとろがながい】
  • 「冗長な文章」【じょうちょうなぶんしょう】

「イントロが長い」【いんとろがながい】

「イントロが長い」には「歌が始まる前の音楽の前奏部分が長い」という意味があります。

前奏が続き、いつまで経っても、歌が始まらない様子を、「イントロが長い」と言います。

「冗長な文章」【じょうちょうなぶんしょう】

「冗長な文章」には「むだが多くて、下手に長い文章」という意味があります。

「冗長な文章は、読んでいてつまらない」などという使い方をします。

icon まとめ

「前置きが長い」という言葉について見てきました。

本題に入るまでの話が長いと感じる文章や演説を聞いた時、「前置きが長い」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。