意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「肩肘を張る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さん「肩肘を張る」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉を聞くと、あまりいい印象はないのですが、何気なく使っている人も少なくありません。

そこで今回は、この「肩肘を張る」という言葉にフォーカスして意味や使い方を見ていくことにします。

Meaning-Book
「肩肘を張る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「肩肘を張る」とは?
  • 「肩肘を張る」の表現の使い方
  • 「肩肘を張る」を使った例文と意味を解釈
  • 「肩肘を張る」の類語や類義語


「肩肘を張る」とは?

「肩肘を張る」とは、無理に肩肘を高くして身構えるところから、「気負う」「威張る」「堅苦しくて緊張し過ぎている態度」ということを意味する言葉です。

また、そこから「強がって見せる」「高圧的な態度を取る」という意味も含まれています。

  • 「肩肘を張る」の読み方

「肩肘を張る」の読み方

「肩肘を張る」「かたひじをはる」という読み方になります。



「肩肘を張る」の表現の使い方

「肩肘を張る」「強がって見せる」という意味があるので、気弱な性格な人が、見栄を張るために、自分を強そうに見せる場合に使われることになります。

「肩肘を張る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「肩肘を張る」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにします。

  • 「肩肘を張る」を使った例文1
  • 「肩肘を張る」を使った例文2

「肩肘を張る」を使った例文1

「課長はいつも肩肘を張った態度で、会社の中で振る舞っているのですが、実はとても小心者なのです」

会社の中にも大した能力を持っていなかったり、本当は気の弱い人間なのに、「肩肘を張る」ことで、自分を大きく見せようとする人がいます。

そうすることで、部下に威厳を見せようとするのですが、逆に部下から馬鹿にされてしまうのです。

「肩肘を張る」を使った例文2

「自分ではそれほど肩肘を張っているつもりはないのですが、周りから怖がられているような人も少なくありません」

「肩肘を張る」「強そうに見せる」という意味ですが、元々、精神的にタブレットで本当に強い人が、無意識に「肩肘を張る」ような姿勢をしていることがあります。

このような人こそ、本当に怖いので、見た目そのままで、近付くことさえ難しいことがあります。



「肩肘を張る」の類語や類義語

「肩肘を張る」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「いかめしく構える」【いかめしくかまえる】
  • 「付け入る隙を与えない」【つけいるすきをみせない】

「いかめしく構える」【いかめしくかまえる】

「いかめしく構える」という言葉も「肩肘を張る」に似ている言葉です。

「緊張して堅い態度を取るさま」という意味合いで使われています。

「付け入る隙を与えない」【つけいるすきをみせない】

「付け入る隙を見せない」「肩肘を張る」の類語として挙げることができます。

意味は「精神的な隙を見せないさま」ということで、この言葉を体現している人は、本当に「隙」を見せないです。

icon まとめ

「肩肘を張る」という言葉は、普段の会話の中で、時々使われるので、ここでしっかりと学ぶことで、適切な場面で使いこなすことができるようになります。

それだけに「肩肘を張る」が当てはまる場面をよく見極めて判断することが、とても大切のです。