意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内情を知る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「内情を知る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「内情を知る」という言葉を使った例文や、「内情を知る」の類語を紹介して行きます。

内情を知る

Meaning-Book
「内情を知る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「内情を知る」とは?
  • 「内情を知る」を使った例文や短文など
  • 「内情を知る」の類語や類義語・言い換え


「内情を知る」とは?

「内情を知る」という言葉を知っているでしょうか。

「会社の内情を知る」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

今回は「内情を知る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「内情を知る」の読み方
  • 「内情を知る」の意味

「内情を知る」の読み方

「内情を知る」「ないじょうをしる」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「内情を知る」「ないじょうをしる」と読みましょう。

「内情を知る」の意味

「内情を知る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「内情を知る」には、「内部の事情や状況(情報)を知っている」という意味があります。

「会社の内情を知る」という文章には、会社の内部にいる人しか知れないような事情や状況を知っているという意味になります。

このように「内情を知る」という言葉には、「内部の事情や状況(情報)を知っている」という意味があります。



「内情を知る」を使った例文や短文など

続いて「内情を知る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「内情を知る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「内情を知る」を使った例文1
  • 「内情を知る」を使った例文2

「内情を知る」を使った例文1

「会社の立て直しは、『内情を知る』社員に任せるべきだ」

この例文に登場する会社は、経営状態が悪いようです。

その立て直しは外部の人に任せるより、会社の事情や状況を知っている内部の人間がやるべきだという文章になります。

「内情を知る」を使った例文2

「華やかなイメージの企業だが、『内情を知る』と辞めたくなる」

この例文は、会社の理想と現実についての話になります。

素敵なイメージの企業でも実際に働いてみると、がっかりするような会社かもしれません。

このように「内情を知る」には、「内側の事情や状況を知る」という意味があります。

「内情を知る」の類語や類義語・言い換え

「内情を知る」の類語や類似表現を紹介します。

「内情を知る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「内部事情に通じる」【ないぶじじょうにつうじる】
  • 「裏事情に詳しい」【うらじじょうにくわしい】

「内部事情に通じる」【ないぶじじょうにつうじる】

「内部事情に通じる」には「一部の人しかしらない内部事情を、よく知っていること」という意味があります。

「内部の事情に通じる記者」などという使い方をします。

「裏事情に詳しい」【うらじじょうにくわしい】

「裏事情に詳しい」という言葉には、「物事の背後に潜んでいる、理由や原因などを良く知っていること」という意味があります。

一部の人しか知らないような裏の情報まで知っている人は「裏事情に詳しい人」と言われます。



icon まとめ

「内情を知る」という言葉について見てきました。

内部の事情や状況を知っていると感じた時、「内情を知る」という言葉を使ってみましょう。