意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仕込み作業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「仕込み作業」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「仕込み作業」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

仕込み作業

Meaning-Book
「仕込み作業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「仕込み作業」とは?
  • 「仕込み作業」の表現の使い方
  • 「仕込み作業」を使った例文と意味を解釈
  • 「仕込み作業」の類語や類義語


「仕込み作業」とは?

「仕込み作業」というのはお店などで商品を仕入れることや飲食店で材料の下ごしらえをする作業を指しています。

例えば、レストランなどを経営するときには翌日の営業に向け、前日のうちに「仕込み作業」をしておくという人も多いのではないでしょうか。

材料等は事前に「仕込み作業」をしておくことで味が染み込み、美味しくなりますよね。

また、翌日の営業時間直前に焦る必要がありません。

  • 「仕込み作業」の読み方

「仕込み作業」の読み方

「仕込み作業」「しこみさぎょう」読みます。

レストランなどを経営するとよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「仕込み作業」の表現の使い方

「仕込み作業」というのは材料の下ごしらえをする作業を指すことがほとんどです。

レストランのみならず、家庭でも例えば誰かを招待して食事をする時などは前日から「仕込み作業」をしておくという人も多いのではないでしょうか。

肉料理や魚料理では、お肉やお魚を調味料に事前に漬け込んでおくことで味が染み込み、美味しくなりますよね。

30分ほど漬け込めば良いというものもありますが、可能ならば前日から漬け込んでおいた方が良いというものもあります。

このような作業を「仕込み作業」と呼びます。

「仕込み作業」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「仕込み作業」を使った例文1
  • 「仕込み作業」を使った例文2

「仕込み作業」を使った例文1

「彼女はお菓子を焼く時、前日から仕込み作業を忘れません」

お菓子を焼く時に、前日から仕込んでおくという人もいるかもしれませんね。

特にこだわりがある場合は材料等にもこだわり、作り方も自分のやり方を大切にするのではないでしょうか。

時間をかけて焼いた方がお菓子は美味しくなる、と考える人も珍しくありません。

「仕込み作業」を使った例文2

「彼はレストランを経営していますが、前日の夜から仕込み作業をしています」

飲食店では前日から仕込み作業をするということがほとんどです。

例えば、ショッピングモールのフードコートなどでも閉店してから仕込み作業をすることが多いですね。

それによって翌日の負担を軽くすることが可能です。

また、当日になってから材料が足りないなどと焦ることもなくなります。



「仕込み作業」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「下ごしらえ」【したごしらえ】
  • 「支度」【したく】

「下ごしらえ」【したごしらえ】

「下ごしらえ」というのは「調理の前準備として食材に様々な加工をする」という意味になります。

注文を受けてから提供するまでの時間を短くするため、途中まで調理しておくことも「下ごしらえ」になります。

「支度」【したく】

「支度」というのは用意や準備をすること、あらかじめ計画すること、という意味になります。

「仕度」と表記することもあります。

icon まとめ

「仕込み作業」という表現はよりをするならば誰もが使った経験を持つのではないでしょうか。

もしもレストランなどを経営するならば、効率的に準備していきたいですね。