意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「楽観視」とは?意味や使い方!例文や解釈

「楽観視」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「楽観視」という言葉の理解を深めていきましょう。

楽観視

Meaning-Book
「楽観視」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「楽観視」とは?
  • 「楽観視」の表現の使い方
  • 「楽観視」を使った言葉と意味を解釈
  • 「楽観視」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「楽観視」の反対語
  • 「楽観視」の類語や類義語・言い換え
  • 「楽観視」の英語と解釈


「楽観視」とは?

「楽観視」とは物事を全て良いように考えて見ることを言います。

明るい見通しを持っているという意味でもあります。

  • 「楽観視」の読み方

「楽観視」の読み方

「楽観視」と書いて「らっかんし」と読みます。



「楽観視」の表現の使い方

「楽観視」とは物事を全て良いように考えて見ることを言います。

明るい見通しである、心配はいらないという意味で使います。

「その時は事態を楽観視していた」「それほど大したことではないと、皆、楽観視していた」「あなたは何でも楽観視するけど、私は違うの」などと使います。

「楽観視」を使った言葉と意味を解釈

「楽観視」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「楽観視できない」
  • 「楽観視している」
  • 「楽観視は禁物である」

「楽観視できない」

「楽観視できない」とは、甘く見るわけにはいかない、油断できない、心配であるといった意味で使います。

「今まで勝てたからと言っても今年は楽観視できない」「この先のことを考えると、今は何とかなっているけれど決して楽観視できない」などと使います。

「楽観視している」

「楽観視している」とは、明るい見通しである、それほど心配はいらない、という意味で使います。

「来年になれば、きっと空きも出るだろうと楽観視しているよ」「何とかなると楽観視しているが、実際のところはその時にならないとわからないね」などと使います。

「楽観視は禁物である」

「楽観視は禁物である」とは将来のことについて明るい見通しを持つ、心配はいらないと思うのは慎み、避けなければならない考え方であるという意味になります。

油断できない、リスクもあると見なければならないといった意味合いです。

「うちがリードしているとは言っても楽観視は禁物だ」「来年も成功するとは限らない、楽観視は禁物である」などと使います。



「楽観視」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「楽観視」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「楽観視」を使った例文1
  • 「楽観視」を使った例文2

「楽観視」を使った例文1

「彼は何でも楽観視している、だから失敗を招くのだ」

「楽観視」とは物事を良いように考えることを言います。

ポジティブで良いことですが、あまりにも「楽観視」過ぎると油断して失敗してしまうこともあると例文は言い表しているのです。

「楽観視」を使った例文2

「今は楽観視できるような状況ではない」

「楽観視」とは明るい見通しを持つことを言います。

例文の場合は今は明るい見通しが持てないということを言い表しているのです。

「楽観視」の反対語

「楽観視」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「悲観視」【ひかんし】
  • 「ネガティブ」

「悲観視」【ひかんし】

「悲観視」とは悪い結果を予想して、悲しんだり落ち込んだりすることを言います。

またそのような考え方、見方をするという意味でもあります。

「将来を悲観視する癖がある」「悲観視は止めよう」などと使います。

「ネガティブ」

「ネガティブ」とは否定的である様子、消極的である様子という意味があります。

「あの人からはネガティブな答えしか返ってこない」「ネガティブな生き方をするな」「何でそうネガティブになっているんだ」などと使います。

日常会話で「ネガティブ」とはよく使われる言葉でもあります。

「楽観視」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「楽観視」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「甘く見る」【あまくみる】
  • 「軽く見る」【かるくみる】
  • 「のん気に考える」【のんきにかんがえる】
  • 「高を括る」【たかをくくる】
  • 「強気の見方をする」【つよきのみかたをする】

「甘く見る」【あまくみる】

「甘く見る」とは物事や人に対して、大したことがないと軽く見ることを言います。

「俺を甘く見るな、必ず成功してみせる」「彼女を甘く見ると、あなた大変なことになるわよ」などと使います。

「軽く見る」【かるくみる】

「軽く見る」とは重要ではない、大切ではないと見ることを言います。

「ライバルを軽く見ると負けるよ」「それほど悪い状況ではないと軽く見る」「軽く見たことが、炎上の原因を作ったのだ」などと使います。

「のん気に考える」【のんきにかんがえる】

「のん気に考える」とは物事に対して、心配をしなかったり、気楽に考えることを言います。

「まだあと2年もあると、のん気に考える」「のん気に考えるんじゃなくて、もっとしっかりして」「焦っても仕方がないとのん気に考える」という風に使います。

「高を括る」【たかをくくる】

「高を括る」とはこの程度であろうと、安易な予測をすることを言います。

人や物事に対して、大したことではないと見くびることです。

「すぐに解決するだろうと高を括る」「誤魔化せるだろうと高を括る」という風に使います。

「強気の見方をする」【つよきのみかたをする】

「強気の見方をする」とは積極的で大胆、自分にとって有利になるであろうという見方をすることを言います。

「どうやったら、そんな強気の見方をすることができるのですか」「強気の見方をするものの、それほど自信があるわけでもない」「絶対に成功すると強気の見方をする」などと使います。

「楽観視」の英語と解釈

「楽観視」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“optimistic view”という単語を使います。

例文は“an optimistic view of the future”(将来の楽観的な見通し)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「楽観視」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。