意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「甘く見る」とは?意味や使い方を解説

甘く見るについて解説致します。

甘く見る

Meaning-Book
「甘く見る」とは?意味や使い方を解説>


目次

  • 「甘く見る」の意味とは?
  • 「甘く見る」の意味
  • 「甘く見る」の言葉の使い方
  • 「甘く見る」を使った例文


「甘く見る」の意味とは?

みなさんは「甘く見る」という言葉の意味を知っているでしょうか。

「甘く見る」「あまくみる」と読み、様々な場面で使う言葉です。

何かを「甘く見る」事で、大きな失敗を招いてしまう事もあります。

そのような経験をした人も、中にはいるかもしれません。

一方で、「甘く見る」という言葉をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「甘く見る」という言葉の意味や使い方を紹介します。



「甘く見る」の意味

「甘く見る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「甘く見る」には「相手を自分よりも程度の低いものとして見る」「安易に推量する」などの意味があります。

例えば、小テストを「甘く見る」場合は、そのテストが成績に大きく響くはずがないと安易に推量している様子を表現しています。

実は、この小テストが成績分ける重要なものなのかもしれません。

サッカーの試合などでも、相手の事を弱小チームだと「甘く見る」事があります。

このように、相手チームを自分たちよりも程度が低いという認識をする時ほど、苦戦するケースも少なくありません。

「甘く見る」の言葉の使い方

「甘く見る」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

これから取り組む仕事や試験、対戦する相手や取引をする相手など、様々な物事や人を、「程度を低く見る」「安易に推量する」時に、「甘く見る」という言葉を使う事ができます。

先ほどの小テストや、サッカーの対戦チーム、簡単そうに見える仕事や、優しそうな取引先の担当者など、「甘く見る」可能性が高い物事や人はたくさんあります。

また、このような安易な推量により、痛い目に遭わないよう「甘く見るな」という言葉を使い、自分やチームメイトや大切な人に、戒めの言葉をかける事もできます。



「甘く見る」を使った例文

「甘く見る」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「甘く見る」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「対戦相手を『甘く見る』と、痛い目に遭うぞ」

この例文のように、スポーツの試合やコンテストの対戦相手などを、自分よりも弱い、下手だと下に見てしまう事を「甘く見る」と言います。

特に若い頃など、自信過剰な時期に、相手を無暗に「甘く見る」傾向があります。

相手を自分より程度が下だと考えると、コンディショニングを適当してしまったり、前日の準備を怠ったり、当日の緊張感が欠如してしまったりするかもしれません。

油断を生む事になる「甘く見る」行為は、思わぬ敗戦を引き寄せる事になるかもしれません。

例文2

「仕事の先行きを『甘く見る』と、思わぬ苦労をする事になる」

この例文のように、簡単な仕事や自分の得意なジャンルで携わる時などは、仕事の先行きを楽観視し過ぎる事があります。

このような時ほど、思わぬ障害などが立ちはだかり、苦戦したりミスをしてしまいがちです。

どのような仕事に対しても、気を抜かずに、いつもの姿勢で臨む事が大切になります。

仕事を長くしていくうちに、どの仕事に対してもフラットな姿勢で臨めるようになるでしょう。

例文3

「私の事を『甘く見る』と、許しません」

この例文に登場する人は、自分の事を低く扱う誰かに対して「甘く見る」という言葉を使って文句を言っています。

人を舐めて掛かる人に対しては、毅然とした態度で接する必要がありますが、このような厳しい言葉を相手に投げかける事も、時には必要なのかもしれません。

見た目が優しそうな人や、年齢よりも若く見られがちな人は、様々な人から「甘く見られる」傾向がありますので、舐められっぱなしにならないよう注意しましょう。

icon まとめ

「甘く見る」という言葉の意味や使い方を見てきました。 「甘く見る」の意味を再確認し、改めて正しい使い方を使って行きましょう。