意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「追い立てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「追い立てる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「追い立てるという言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「追い立てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「追い立てる」とは?
  • 「追い立てる」の表現の使い方
  • 「追い立てる」を使った例文と意味を解釈
  • 「追い立てる」の類語や類義語


「追い立てる」とは?

「追い立てる」とは強制して立ち退かせるという意味と、その場から追って他のことへ向かわせること、急き立てるという意味とあります。

  • 「追い立てる」の読み方

「追い立てる」の読み方

「追い立てる」と書いて「おいたてる」と読みます。



「追い立てる」の表現の使い方

「追い立てる」とは、強制して立ち退かせるという意味があります。

話し合いをして穏やかにといったことではなくどこか無理やりに追い出すといったニュアンスになります。

「店子を追い立てる」「住人を追い立てる」などと使います。

またその場から追って違うことへ向かわせる、急き立てるという意味では「部活に追い立てる」「仕事に追い立てる」などと使います。

これは「早く〇〇へ行きなさい」「早く〇〇をしなさい」という意味合いです。

「追い立てる」を使った例文と意味を解釈

それでは「追い立てる」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「追い立てる」を使った例文1
  • 「追い立てる」を使った例文2

「追い立てる」を使った例文1

「そんな予定を詰め込んだら、まるで予定に追い立てられるみたいで楽しめないよ」

予定を次々に入れることで時間を有効に使おうとすることはあります。

しかし予定を入れ過ぎますとそれをこなすことが目的になってしまい、物事を純粋に楽しめなくなってしまいます。

そういった状態を「予定に追い立てられる」と言い表しているのです。

「追い立てる」を使った例文2

「早く塾へ行きなさいと子どもたちを追い立てる」

「追い立てる」とは急き立てるという意味があります。

例文の場合は「早く行きなさい」と急かしていることを「追い立てる」と表現しているのです。



「追い立てる」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「追い立てる」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「駆り立てる」【かりたてる】
  • 「厄介払いにする」【やっかいばらいにする】

「駆り立てる」【かりたてる】

「駆り立てる」とは人を促して、そうしなければならないという気持ちにさせることを言います。

「ネガティブな話をして、不安を駆り立てるな」「早く片付けるようにと、駆り立てる」などと使います。

「厄介払いにする」【やっかいばらいにする】

「厄介払いにする」とは他人に迷惑をかける人、世話のやける人をどこかへ追い払うことを言います。

「ちょっと仕事のミスが多いからと言って、倉庫作業へ、厄介払いにするなんてかわいそうだわ」「これ以上、仕事の邪魔ばかりするなら、厄介払いにするぞ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「追い立てる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。