意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遡及」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「遡及」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「遡及」という言葉を使った例文や、「遡及」の類語を紹介して行きます。

遡及

Meaning-Book
「遡及」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「遡及」とは?
  • 「遡及」を使った例文や短文など
  • 「遡及」の類語や類義語・言い換え


「遡及」とは?

「遡及」という言葉を知っているでしょうか。

「遡及して行う」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「遡及」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「遡及」という言葉の意味を紹介します。

  • 「遡及」の読み方
  • 「遡及」の意味

「遡及」の読み方

「遡及」「そきゅう」と読みます。

読み方が難しい漢字が使われているため、読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「遡及」「そきゅう」と読みましょう。

「遡及」の意味

「遡及」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「遡及」には「過去のある時点まで遡ること」という意味があります。

「遡及して行う」という言葉には、「ある時点まで遡った上で、何かをする」という意味があります。

このように、「遡及」という言葉には「過去のある時点まで遡ること」という意味があります。



「遡及」を使った例文や短文など

「遡及」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「遡及」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「遡及」を使った例文1
  • 「遡及」を使った例文2

「遡及」を使った例文1

「延滞料を一か月前に『遡及』し、請求する」

この例文は、何かを延滞していたことに、貸した側が気付いて、遠来料金を請求している場面になります。

延滞を開始したのが、三か月前だった場合、延滞に気付いた日からではなく、延滞を開始した三か月前に「遡及」して、請求することになります。

「遡及」を使った例文2

「出場停止処分を、二か月前に『遡及』して下す」

スポーツで重大な違反行為などをしたとき、その処分が決まるまで時間がかかることがあります。

そのため処分が決まった日から、違反行為をした日まで戻り、その日から出場停止が始まることがあります。

例えば、出場停止期間が半年と決まった時、三か月間すでに選手が出場を見合わせていたら、残り三か月の出場停止で済むことになります。

「遡及」の類語や類義語・言い換え

「遡及」の類語や類似表現を紹介します。

「遡及」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「逆行」【ぎゃっこう】
  • 「遡る」【さかのぼる】

「逆行」【ぎゃっこう】

「逆行」という言葉には、「進むべき方向と反対の方向へ進むこと」という意味があります。

例えば、「目的地へ逆行し、遠ざかる」という時は、目的地と反対方向に進み、遠ざかってしまったという意味があります。

「遡る」【さかのぼる】

「遡る」には「流れに逆らって進むこと」という意味や、「物事の過去や根本に立ち返る」という意味があります。

「川を遡る」には、下流から上流へと、流れに逆らって進むという意味があります。



icon まとめ

「遡及」という言葉について見てきました。

ある時点まで過去に遡る時、「遡及」という言葉を使ってみましょう。