意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「上を行く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「上を行く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「上を行く」という言葉を使った例文や、「上を行く」の類語を紹介して行きます。

上を行く

Meaning-Book
「上を行く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「上を行く」とは?
  • 「上を行く」を使った例文や短文など
  • 「上を行く」の類語や類義語・言い換え


「上を行く」とは?

「上を行く」という言葉を知っているでしょうか。

「人の上を行く発想」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「上を行く」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「上を行く」という言葉の意味を紹介します。

  • 「上を行く」の読み方
  • 「上を行く」の意味

「上を行く」の読み方

「上を行く」「うえをいく」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「上を行く」「うえをいく」と読みましょう。

「上を行く」の意味

「上を行く」という言葉の意味を紹介します。

「上を行く」には、「他人より、一段勝るように振る舞う」という意味があります。

「他人の上を行く発想」という言葉には、誰かのアイデアや考えが、他人よりも一段勝っているという意味があります。

このように「上を行く」という言葉には、「他人より、一段勝るように振る舞う」という意味があります。



「上を行く」を使った例文や短文など

続いて「上を行く」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「上を行く」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「上を行く」を使った例文1
  • 「上を行く」を使った例文2

「上を行く」を使った例文1

「ルックスで負けても、体力で『上を行く』」

この例文に登場する人は、ライバル視する友達や同僚がいるのでしょう。

そのライバルにはルックスで負けているため、対抗手段として体力で一段勝りたいと考えているようです。

このように、他人より一段上を行くよう振る舞う時、「上を行く」という言葉を使ってみましょう。

「上を行く」を使った例文2

「彼はこのクラスの生徒の『上を行く』成績を上げている」

この例文に登場する男子生徒は、他の生徒より、一段勝った成績を出しているようです。

偏差値が10くらい上の、かなり優秀な生徒なのかもしれません。

このように「レベルが違う」と感じるほど優秀な人の行為に対しても、「上を行く」という言葉を使ってみましょう。

「上を行く」の類語や類義語・言い換え

「上を行く」の類語や類似表現を紹介します。

「上を行く」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「右に出る者はいない」【みぎにでるものはいない】
  • 「凌駕する」【りょうがする】

「右に出る者はいない」【みぎにでるものはいない】

「右に出る者はいない」という言葉には、「その人よりも優れた人はいない」という意味があります。

「絵を描くことに関しては、先輩の右に出る者はいない」などという使い方をします。

「凌駕する」【りょうがする】

「凌駕する」には、「他の物を追い抜いて、その上に立つこと」という意味があります。

「他のアイドルを凌駕する人気アイドル」という文章には、他の人気アイドルを追い抜いて、トップの人気を誇るアイドルという意味があります。



icon まとめ

「上を行く」という言葉について見てきました。

他人より一段勝るように振る舞っている人を見た時に、「上を行く」という言葉を使ってみましょう。