意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「偉才」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「偉才」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「偉才」という言葉を使った例文や、「偉才」の類語を紹介して行きます。

偉才

Meaning-Book
「偉才」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「偉才」とは?
  • 「偉才」を使った例文や短文など
  • 「偉才」の類語や類義語・言い換え


「偉才」とは?

「偉才」という言葉を知っているでしょうか。

「偉才を発揮する」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「偉才」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「偉才」という言葉の意味を紹介します。

  • 「偉才」の読み方
  • 「偉才」の意味

「偉才」の読み方

「偉才」「いさい」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「偉才」「いさい」と読みましょう。

「偉才」の意味

「偉才」という言葉の意味を紹介します。

「偉才」には、「並はずれて優れた才能」という意味があります。

「偉才を発揮する」という言葉には、並はずれて優れた才能を、十分に働かせるという意味があります。

このように「偉才」という言葉には、「並はずれて優れた才能」という意味があります。



「偉才」を使った例文や短文など

続いて「偉才」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「偉才」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「偉才」を使った例文1
  • 「偉才」を使った例文2

「偉才」を使った例文1

「彼ほどの『偉才』の持ち主は、今後現れないかもしれない」

この例文は、並はずれて優れた才能の持ち主に出会った人が、その時のことを振り返っている文章になります。

今後も、その男性ほど優れた才能を持った人とは、出会えないだろうと思っているようです。

このように、並はずれて優れた才能に対して「偉才」という言葉を使ってみましょう。

「偉才」を使った例文2

「私には『偉才』はないが、努力はできる」

この例文のように、並はずれて優れた才能を持っていなくても、努力の力で補えることがあるかもしれません。

仕事や学業でも、「偉才」がないことを自覚して、並はずれて優れた才能の持ち主の差を、何かの力で埋めようとすることが大切かもしれません。

「偉才」の類語や類義語・言い換え

次に「偉才」の類語や類似表現を紹介します。

「偉才」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「天才」【てんさい】
  • 「奇才」【きさい】

「天才」【てんさい】

「天才」には、「生まれつき備わっている、並はずれて優れた才能」という意味があります。

「天才ピアニスト」「天才少年」などという使い方をします。

「奇才」【きさい】

「奇才」という言葉には、「世の中に稀な才能」という意味があります。

他の人は持っていないような、珍しい才能を見た時、「奇才の持ち主」などと言います。



icon まとめ

「偉才」という言葉について見てきました。

並はずれて優れた才能を持った人を見た時に、「偉才」という言葉を使ってみましょう。