意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「天才」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「天才」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

天才

Meaning-Book
「天才」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「天才」の意味
  • 「天才」の表現の使い方
  • 「天才」を使った例文と意味を解釈
  • 「天才」の類語や類義語


「天才」の意味

「天才」の意味は以下の2つです。

1つ目は、「生まれつき備わっている、並外れて優れた才能のこと」という意味です。

人が努力してもとても達することのできない高い才能を持っている人のことを言います。

特に勉強しなくても試験で満点を取ったり、初見で楽器演奏などが出来てしまう人などがいます。

2つ目は「高い才能を持つ若い人に対する賛辞の言葉」という意味です。

まだ年若いのに、普通の人よりも遥かに高い才能を示す人に対するほめ言葉です。

こちらは主にスポーツ選手に対して使われたり、一般的なお世辞としても使われます。

  • 「天才」の読み方
  • 「天才」の言葉の成り立ち

「天才」の読み方

「天才」の読み方は、「てんさい」になります。

特に難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「天才」の言葉の成り立ち

「天才」「天」は、「大空の上」「雨や晴れなどの空模様」「自然界」「生まれつき備わっているもの」「高い場所」「神・天国」という意味があります。

「才」は、「生まれつき持っている知能の高さ」「学問の程度」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「生まれつき備わっている知能が高いこと」として使われています。



「天才」の表現の使い方

「天才」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「天才」と「秀才」の違い

文法的な使い方

「天才」は名詞ですので、文末に使う時には助動詞を伴って「天才だ・である」になります。

「天才」の様に優れているという意味で「天才的な」として使われることもあります。

「天才」と「秀才」の違い

「天才」と似た言葉に「秀才」がありますが、この2つは明確な使い分けがあります。

「天才」は、「生まれ付き備わっている先天的な才能を持つ人」という意味で、努力をしなくても完璧にできてしまう人のことを言います。

「秀才」はこ「ものごとを習得する能力が高い人」とい意味で、自分の努力で高い能力を得る人のことを言います。

「天才」を使った例文と意味を解釈

「天才」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「天才」を使った例文1
  • 「天才」を使った例文2

「天才」を使った例文1

「彼は学生時代から天才と言われていたが、やはり研究者として有名になった」

学生時代から人並み以上の才能があると言われていた人が、専門の研究で世界的に知られる存在になったことを表しています。

「天才」を使った例文2

「彼は天才的にスポーツが上手だ」

どのスポーツをやっても人並み以上にこなせてしまい、様々な方面からひっぱりだこの状態です。

こちらの場合は「的」が付くので、まだ完璧というレベルではありません。



「天才」の類語や類義語

「天才」の類語や類義語を紹介します。

  • 「天賦の才」【てんぷのさい】
  • 「神童」【しんどう】

「天賦の才」【てんぷのさい】

「生まれながらにして備え持っている才能のこと」という意味です。

「神童」【しんどう】

「極めて優れた才能がある子供のこと」という意味です。

icon まとめ

「天才」「生まれつき備わっている、並外れて優れた才能のこと」「高い才能を持つ若い人に対する賛辞の言葉」という意味があります。

日常会話では、人並み以上の才能を持っている人に対して使いましょう。