意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「陰徳を施す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「陰徳を施す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「陰徳を施す」という言葉を使った例文や、「陰徳を施す」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「陰徳を施す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「陰徳を施す」とは?
  • 「陰徳を施す」を使った例文や短文など
  • 「陰徳を施す」の類語や類義語・言い換え


「陰徳を施す」とは?

「陰徳を施す」という言葉を知っているでしょうか。

「成功者は陰徳を施す」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「陰徳を施す」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「陰徳を施す」という言葉の意味を紹介します。

  • 「陰徳を施す」の読み方
  • 「陰徳を施す」の意味

「陰徳を施す」の読み方

「陰徳を施す」「いんとくをほどこす」と読みます。

「陰徳」「いんとく」「施す」「ほどこす」と読みます。

これを機会に「陰徳を施す」「いんとくをほどこす」と読みましょう。

「陰徳を施す」の意味

「陰徳を施す」という言葉の意味を紹介します。

「陰徳を施す」には、「人に知られないように、ひそかに善行をする」という意味があります。

「陰徳」には「人に知られないようにする良い行い」という意味があるためです。

成功者は「陰徳を施す」という言葉には、成功するような人は、ひそかに善行をしているという意味があります。

このように、「陰徳を施す」という言葉には、「人に知られないように、ひそかに善行をする」という意味があります。



「陰徳を施す」を使った例文や短文など

続いて「陰徳を施す」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「陰徳を施す」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「陰徳を施す」を使った例文1
  • 「陰徳を施す」を使った例文2

「陰徳を施す」を使った例文1

「少しでも世の中の役に立ちたいと思い、『陰徳を施す』ようにしている」

この例文のように、小さなことでも良い行いをして、世の中に役に立てればと考えている人もいるでしょう。

「陰徳を施す」には、世間に知られないように、良い行いをするという意味があります。

大きなことはできなくても、小さな良いことならできるかもしれません。

「陰徳を施す」を使った例文2

「『陰徳を施す』と気持ちが少しスッキリする」

この例文のように、「陰徳を施す」経験がある人は、気持ちが良くなると話すかもしれません。

例えば、道に落ちているゴミを拾うことは、小さな良い行いと言えるため、「陰徳を施す」と言えます。

すると、道が綺麗になり、自分のしたことで街の雰囲気が明るくなるため、気持ちがすっきりするかもしれません。

「陰徳を施す」の類語や類義語・言い換え

「陰徳を施す」の類語や類似表現を紹介します。

「陰徳を施す」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「善行」【ぜんこう】
  • 「正しい行い」【ただしいおこない】

「善行」【ぜんこう】

「善行」という言葉には、「良い行い」「道徳にかなった行為」という意味があります。

「善行を積む」には、良い行いを積み重ねるという意味があります。

「正しい行い」【ただしいおこない】

「正しい行い」には「良い行い」「いいこと」という意味があります。

「辛い時期ほど、正しい行いをする」という言葉には、辛くてやさぐれてしまいそうな時期であるからこそ、良い行いをしようと思うという意味があります。



icon まとめ

「陰徳を施す」という言葉について見てきました。

人に知られないようにひそかに良い行いをする時、「陰徳を施す」という言葉を使ってみましょう。