意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優位な立場」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「優位な立場」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて詳しく紹介します。

Meaning-Book
「優位な立場」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「優位な立場」とは?
  • 「優位な立場」の表現の使い方
  • 「優位な立場」を使った例文と意味を解釈
  • 「優位な立場」の類語や類義語


「優位な立場」とは?

「優位な立場」の概要についてしょうかいします。

  • 「優位な立場」の読み方
  • 「優位な立場」の意味
  • 「優位な立場」を分解して解釈
  • 「優位な立場」は意味が重複している?

「優位な立場」の読み方

「優位な立場」「ゆういなたちば」と読みます。

難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「優位な立場」の意味

「優位な立場」の意味は「その人の地位や現在の状況が、他の人よりも勝っていること」です。

仕事や何かの行動を取る時に、その人が他の人よりも優れていると見なされ、一目置かれる状態です。

他の人よりも知識や経験があったり、縁故などで他の人よりも優遇されている時などを表します。

「優位な立場」を分解して解釈

「優位な立場」「優位な+立場」に分解できます。

「優位な」「優位」の形容動詞で、「他の人よりも地位や条件が勝っている」という意味です。

「立場」「その人が置かれている地位や状況」「その人の状況から生じる見解」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「他の人よりも地位や条件が勝っている状態にあること」という意味出使われています。

「優位な立場」は意味が重複している?

「優位」「立場」「その人が置かれている状況」を表しています。

「優位」と言うことで、既に「優れた立場にある」と言っているのです。

つまり「優位な立場」は意味が重複していて、一般的には「優位になる」「優位に立つ」として使われます。

但し、言葉は時代により変化するもので、最近では「優位な立場」として使われる傾向があります。



「優位な立場」の表現の使い方

「優位な立場」の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 地位や肩書がなくても使える

文法的な使い方

「優位な立場」は名詞で、動詞を伴う時には「優位な立場になる」として使われるのが一般的です。

「優位な立場に立つ」は意味が重複するので使われません。

また、形容動詞として「優位な立場だ・である」として使われたり、福祉として「優位な立場で~する」と使われることもあります。

地位や肩書がなくても使える

「優位な立場」は、その人が他の人よりも優れていると認められていることを表します。

地位や肩書を表すこともありますが、知識や経験、能力など目に見えない部分で他の人よりも優れいていると認められている時にも使われます。

「優位な立場」を使った例文と意味を解釈

「優位な立場」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「優位な立場」を使った例文1
  • 「優位な立場」を使った例文2

「優位な立場」を使った例文1

「彼は社長の親戚ということで優位な立場だ」

社長の縁故で入社してきたので、他の人よりも優遇されているということを表しています。

「優位な立場」を使った例文2

「支店の立地条件ではライバル社よりも優位な立場にある」

支店の場所が駅近でアクセスが良く、ライバル社の支店よりも強味があることを表しています。



「優位な立場」の類語や類義語

「優位な立場」の類語を紹介します。

  • 「上を行く」【うえをいく】
  • 「一日の長がある」【いちじつのちょうがある】

「上を行く」【うえをいく】

「相手よりも優れている状態」という意味です。

「一日の長がある」【いちじつのちょうがある】

「相手よりも少しだけ経験やスキルが優れていること」という意味です。

icon まとめ

「優位な立場」「その人の地位や現在の状況が、他の人よりも勝っていること」です。

自慢にならない様に使ってみましょう。