意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先んずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「先んずる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「先んずる」という言葉を使った例文や、「先んずる」の類語を紹介して行きます。

先んずる

Meaning-Book
「先んずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「先んずる」とは?
  • 「先んずる」を使った例文や短文など
  • 「先んずる」の類語や類義語・言い換え


「先んずる」とは?

「先んずる」という言葉を知っているでしょうか。

「人より先んずる」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「先んずる」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「先んずる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「先んずる」の読み方
  • 「先んずる」の意味

「先んずる」の読み方

「先んずる」「さきんずる」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「先んずる」「さきんずる」と読みましょう。

「先んずる」の意味

「先んずる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「先んずる」には、「他の人より先に進む」という意味があります。

また「先に何かする」という意味があります。

「人より先んずる」という言葉には、他の人より先に進む、または他の人より先に何かをするという意味があります。

このように、「先んずる」には、「他の人より先に進む」「先に何かする」という意味があります。



「先んずる」を使った例文や短文など

続いて「先んずる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「先んずる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「先んずる」を使った例文1
  • 「先んずる」を使った例文2

「先んずる」を使った例文1

「彼の仕事の能力は、部内の誰よりも『先んずる』」

この例文に登場する男性は、同じ会社にいる同僚よりも、仕事の能力が長けているという意味があります。

このように、他社と比較して、誰よりも優れていると思えるような人に対して、「先んずる」という言葉を使います。

「先んずる」を使った例文2

「若い人が好む新商品開発で、わが社は他社に『先んずる』」

この例文に登場する会社は、若い人の需要を掴むのが上手いため、若い人に受ける新商品開発能力が長けているということになります。

他の層に向けた新商品の開発では、遅れても、若い人向けの新商品だけは負けないという気概が文章から感じられます。

「先んずる」の類語や類義語・言い換え

次に「先んずる」の類語や類似表現を紹介します。

「先んずる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「先行」【せんこう】
  • 「出し抜く」【だしぬく】

「先行」【せんこう】

「先行」には「他の人に先立って行くこと」という意味があります。

また「他の事柄よりも先に進むこと」という意味があります。

「人気が先行する」という時は、実力よりも、人気の方が先に進んでいるという意味があります。

「出し抜く」【だしぬく】

「出し抜く」には、「他人の油断などに付けこみ人より先に物事をする」という意味があります。

「他社を出し抜く」「上司を出し抜く」などという使い方をします。



icon まとめ

「先んずる」という言葉について見てきました。

他の人より先に進んでいると思える人や会社を見た時、また他の人より先に何かをする人を見た時などに、「先んずる」という言葉を使ってみましょう。