意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無謀な考え」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「無謀な考え」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「無謀な考え」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「無謀な考え」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無謀な考え」とは?
  • 「無謀な考え」の表現の使い方
  • 「無謀な考え」を使った例文と意味を解釈
  • 「無謀な考え」の類語や類義語


「無謀な考え」とは?

「無謀な考え」とは結果がどうなるか想像もせずに、乱暴に、勢いだけで物事を行うこと、そのような内容の考えのことを言います。

  • 「無謀な考え」の読み方

「無謀な考え」の読み方

「無謀な考え」と書いて「むぼうなかんがえ」と読みます。



「無謀な考え」の表現の使い方

「無謀な考え」とは、結果がどうなるか深く考えていない、勢いだけであったり、その場のノリのような考えのことを言います。

「そんな無謀な考えで上手くいくわけがない」「夫の言うことは、所詮無謀な考えであって、実際は無理なんです」というように、使います。

考えなし、浅い、というニュアンスも含みます。

「無謀な考え」を使った例文と意味を解釈

それでは「無謀な考え」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「無謀な考え」を使った例文1
  • 「無謀な考え」を使った例文2

「無謀な考え」を使った例文1

「今ならば無謀な考えだと思うけど、当時は若かったからね、勢いがあったし何とかなるって思ってね」

勢いだけで、先のこともそれほど考えずに物事に飛び込むことを「無謀な考え」と言い表します。

例文のように若い時は先のことを考えず、その場のノリなどで動いてしまうこともできるでしょう。

「無謀な考え」を使った例文2

「世の中は甘くない、そんな無謀な考えには賛成できないな、もう一度考え直しなさい」

よく考えずに行動する、結果もどうなるか考えていない、そのような考え方を「無謀な考え」と言います。

リスクの方が大きければそのように言われることでしょう。



「無謀な考え」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「無謀な考え」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「軽率な考え」【けいそつなかんがえ】
  • 「無鉄砲」【むてっぽう】
  • 「浅はか」【あさはか】

「軽率な考え」【けいそつなかんがえ】

「軽率な考え」とはよく考えていないこと、軽はずみな考えのことを言います。

「軽率な考えで、みんなに迷惑をかけるのはやめろ」「あなたはいつも軽率な考え方ね、責任感がないわ」などと使います。

「無鉄砲」【むてっぽう】

「無鉄砲」とはどうなるか先のことをよく考えていないのに、強引に物事を行うことを言います。

このような人が家族にあるとヒヤヒヤしなければならないことが多くなるわけです。

「親譲りの無鉄砲」「無鉄砲な男だ」などと言います。

「浅はか」【あさはか】

「浅はか」とは思慮が足りないことを言います。

「そんな浅はかな考えではどうしようもないぞ」「何とも浅はかな女だ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「無謀な考え」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。